映画

高畑充希演じるヒロインが『ひるね姫』主題歌で名曲を熱唱!

MovieWalker 2016年11月24日 8時00分 配信

神山健治が原作、脚本、監督を務め、初の劇場オリジナル・アニメーションに挑む『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』(2017年3月18日公開)。本作の主題歌を高畑充希演じるヒロイン、森川ココネが歌っていることが明らかになった。

すべての写真を見る(3件)
気になる主題歌はカバー曲となる「デイ・ドリーム・ビリーバー」。この楽曲は1967年に発表されたモンキーズのオリジナルを、タイマーズが日本語でカバーし、現在まで多くのCMにも使われている名曲。

夢と去った人への思いを歌ったこの曲は、女子高生の森川ココネが特技である昼寝で、不思議な夢と現実を行き来しながら、突然逮捕された父の真相を追う、という本作の物語にマッチしている。神山監督は、エンディングで流れる主題歌もストーリーの一部と考えているそうで、主人公の気持ちを代弁するような歌だからこそ、本人に歌ってほしいと高畑にオファーし、森川ココネ名義での歌唱が実現したという。

高畑は「自分が声優をつとめた作品で、主題歌も担当するのは初めての挑戦です。『役がそのまま唄うようにエンドロールに入っていきたい』と監督がおっしゃったので、それだったら面白いのではないかと思い、チャレンジさせていただく事になりました。ココネからの目線で楽曲を見られたらいいなと思い、この最高にカッコイイ曲を全力で楽しむことに集中しました」と思いを明かした。

さらに今回、主題歌を聞くことができる新たな予告編も公開された。映像ではココネのごく普通な日常が映し出される前半から、夢のなかでの幻想的な世界、父を追って旅をするココネの姿など、壮大な物語の一端を垣間見ることのできる内容になっている。【Movie Walker】

ひるね姫〜知らないワタシの物語〜

2017年3月18日(土) 公開

『東のエデン』の神山健治が監督を務めるオリジナル脚本によるファンタジーテイストのアニメーション。同じ夢ばかりを見るようになった女子高生が、父親の身に起...

おすすめ情報