イケメン満載!駅伝マニア必見の“風新聞”ってなに?

丸の内ピカデリーほかで配布されている“風新聞”
  • 丸の内ピカデリーほかで配布されている“風新聞”

いま巷で話題の“風新聞”って知ってる? これは箱根駅伝をモチーフにした映画『風が強く吹いている』(10月31日公開)に伴い、丸の内ピカデリーなどで限定配布されている新聞のこと。今年1月から月刊で配布されているので、すでに手にした人もいるのでは。公開月の来月で終了になるのだが、“新聞”というだけあって、その出来栄えはなかなかだ。

表面は月ごとに内容は異なるが、撮影秘話や原作者三浦しをんのコメント、プロモーション展開情報などを掲載。そして裏面には、劇中での走者1区から10区まで、毎号1人ずつ寛政大学陸上競技部のメンバーを紹介。出演者の小出恵介、林遣都、中村優一、川村陽介、斉藤慶太、斉藤祥太らイケメンたちのインタビューを手軽に読むことができるのだ。走者に合わせて、その区間のコース概要も記されているもの嬉しい。表裏共に、本作を深くまで知ることができる充実の内容となっている。

実際、毎年正月に行なわれる箱根駅伝でも各大学が自校のスポーツ紙を、スタート地点や沿道などで配布。これを、箱根駅伝マニアは駅伝を堪能する手段としてフルに活用しているとのこと。そんなマニアの人はもちろん、箱根駅伝に詳しくない人でも楽しめる“風新聞”。来月で終了となるので、公式サイトで配布劇場をチェックのうえゲットしてみてはいかが?【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報