松ケン『カムイ外伝』でも“憑依型”アプローチ!

いまや日本映画界をしょって立つ若手スターとなった松ケン
  • いまや日本映画界をしょって立つ若手スターとなった松ケン

白土三平の傑作コミックを、崔洋一監督、宮藤官九郎の脚本で実写版映画化した『カムイ外伝』(9月19日公開)。主人公カムイを演じた松山ケンイチは、演じる役柄が乗り移ったようにのめり込む“憑依型”アプローチをする役者として知られるが、今回もどっぷりとカムイになりきったようだ。

忍者の組織を裏切り“抜忍”となったカムイを演じるため、松ケンは今回1年という準備期間をかけてアクションと役作りに挑んだと言う。「難しかったのはアクションよりもカムイの“佇まい”の演技です。侍ではないから決まった所作もないし、忍者といっても抜忍になってしばらく経ってからの物語だから、型にハマってない自由な感じがしたので。崔監督からは、カムイの孤独さを出してくれと言われました」

撮影でいちばん辛かったのはどんな点だったのか。「カムイがもってる寂しさや猜疑心の感じがすごく苦しかったです。やっぱり現場でやっていくうちに(他の俳優陣と)どんどん仲間意識が出てきて、絆も強くなっていくなかで、お芝居はそうではなくて。そういう(カムイの)デリケートな部分を表現しなくてはいけなかったから、かなりヘビーでした」

“憑依型”俳優の松ケンゆえに、現場にいる間はずっとカムイだったということか。「もちろんオンとオフの切り替えはありますが……、カムイは重かったですね」

では、そんなヘビーな状況から逃げ出したいと思ったことはないのだろうか? 「いや、それはないです。やっぱり自分が楽しいからやってることなので。もちろん辛いこともありますが、本当に辛かったらやめてますよ。僕はそういうふうに我慢できる人間ではないので。いまは充実しているからすごく幸せです」

最近プライベートでは何か芸を身につけるべく努力しているという松ケン。「ただ自分の身体ひとつで(役者を)やっていくだけだと、どこかで(役者として)面白くなくなってくるんじゃないかと思ってるから、いろいろと“材料”がほしいなと。いまテニスをやっているんですが、これもアクションの動きなどで使えたりするかなと試してみたりして。日本の舞踏や、友達がやってるアイススケートもやってみたいし、楽器もやりたい。いろいろ興味はありますよ」

ノリにノッている松ケン。いまはいろんなものを吸収し、役者としてさらなる飛躍をする時期なのかもしれない。そんなまっしぐらな姿勢が、多くの監督から愛されるゆえんだろう。『カムイ外伝』では、キレのある“動”のアクションだけではなく、カムイの“静”の佇まいの演技にも注目してもらいたい。【Movie Walker/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報