サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

「NMB48 6周年記念ライブ」2Daysレポート!

正規メンバー昇格!喜びを語る山本彩加(写真一番右)
  • 正規メンバー昇格!喜びを語る山本彩加(写真一番右)

WEB連載「ポッター平井の激推しアイドル!番外編」をお届け!今回は2016年10月18日と19日、神戸ワールド記念ホールで開催された「NMB48 6th Anniversary LIVE 」をレポートします!

●1日目 NMB48初の組閣&上西恵の卒業発表

結成6周年記念ライブの幕開けは、AKB48の『涙サプライズ』。1期生の8人がステージで1番を歌唱し、その後、他の51人のメンバーが客席に登場するサプライズ演出!

2曲目の『パンキッシュ』では、上西恵がドラムを披露。他のメンバーはアリーナの通路で歌い、6周年を迎えた喜びを、5千人のファンと至近距離で分かち合った。

中盤では、驚愕の18曲連続パフォーマンス!その1曲目は、5期生の山本彩加がソロで『やさしくするよりキスをして』を披露。「憧れのみるきー(渡辺美優紀)さんの曲を歌わせていただいて、すごく緊張したんですけど、みるきーさんの後継ぎになりたいと思っています!」(彩加)。彼女の抜群のアイドル性は、渡辺美優紀に勝るとも劣らない。頼もしすぎるスーパールーキーだ。

続いて、矢倉楓子・藤江れいな・上西恵・久代梨奈・石塚朱莉の5人で『世界には愛しかない』。まさかの欅坂46のカバーで、ファンの度肝を抜いた。

『オーマイガー!』、『らしくない』、『ドリアン少年』を全員で披露し、本編は終了。

アンコールで、山本彩が感謝のコメントをしている途中、金子支配人が登場。7年目を迎えたNMB48の更なる活性化を図るため、組閣することを発表した。組閣とは、チームを再編成すること。現チームは年内で解散し、来年1月1日から新チームでスタートする。

卒業するメンバーが増え、組閣があるのではと囁かれていたため、メンバーも覚悟はあったはずだが、いざ現実として突きつけられると、とまどいを隠せない。長年親しんだチームがなくなるという淋しさからか、号泣するメンバーも。

そんな状況の中、まずは各チームのキャプテンの発表。チームNは、これまでどおり山本彩。そしてチームMは川上礼奈!彼女は名前が呼ばれた瞬間、笑顔を見せた。ステージでは“うどんの国のお姫様”というナルシストなキャラクターだが、実は超まじめな性格で、後輩メンバーに寄り添い、指導に励むなど、スタッフからの信頼も厚いメンバー。これまでシングル曲の選抜メンバーに入ったことのない1期生の苦労人が評価された形だ。会場からは<れなぴょんコール>が沸き起こり、彼女のキャプテン任命を祝福した。

チームB2 (※本来はギリシャ数字)は久代梨奈。川上礼奈とは対照的に、彼女は泣き崩れた。3期生の17歳。先輩メンバーが多い環境だが、現チームでリーダーシップを発揮し始めていた彼女。8月のライブで「いつかキャプテンになりたい!」と、熱く語っていた夢を早くも叶えた。

副キャプテンもNが山尾梨奈、Mが磯佳奈江、B2が沖田彩華と発表され、その後は五十音順で、各メンバーの所属するチームが明らかになっていく。

15人の研究生のうち、村中有基、安田桃寧、山本彩加は正規メンバーに昇格!嬉しいサプライズとなった。

そして唯一、名前が呼ばれなかったメンバー、上西恵は卒業を発表した。「1期生としてNMB48に入って6年間、いろいろな経験をさせていただきました。私個人の目標を考えた時に、センターを目指したいでもなかったし、もっと上のポジションを目指したいでもなく、今に満足していました。でも、満足してしまっていると、ファンの方は応援しにくいと思うし、私もここで止まってしまうと思うので、NMB48を卒業して、次のステップに進むことに決めました。やりたいことがたくさんあるので、本当に自分のやりたいことを見つけることが出来たらいいなと思っています。NMB48をやめた後、皆さんに会えるかどうか、わかりません。いつかもし出会った時は、おかえりと言って下さると嬉しいです。まだ卒業時期は決まっていませんが、その日まで全力を注ぎたいと思っていますので、よろしくお願いします!」。

涙をこらえ、気丈に話した彼女だったが、すべての楽曲披露が終わり、ステージを去る直前、「発表の時は泣かずに言えたけど、そのあと皆さんと目が合って…」と語ると、その大きな瞳から涙がこぼれた。「NMB48に入ったことは一度も後悔したことないし、メンバーや、スタッフさんや、何より皆さんに会えて、本当に良かったです。卒業しても、ずっとずっとNMB48が大好きです!」

●2日目 渋谷凪咲のリベンジ&16thシングル選抜メンバー発表

1曲目の『情熱ハイウェイ』のイントロから多数のメンバーが客席に登場!会場のボルテージはいきなりクライマックス!

昨日発表されたばかりの新チームで、それぞれのチーム曲を初披露するという演出も。3曲とも昨日全員で披露していたので、歌詞やダンスは覚えているとはいえ、新チームでのポジションやフォーメーションは急遽決定したはず。おそらく今日の午前中からリハーサルをして、本番に臨んだに違いない。

昨年の5周年ライブで、ピアノの弾き語りに挑んだ渋谷凪咲が、今年も一人でステージに立った。「去年、不祥事がありまして(笑)、リベンジをしに来ました!正直、ピアノはトラウマです。5周年ライブでは皆さんに助けていただきましたが、今回は一人で最後まで歌いきりたいと思います!」。その意気込みどおり、彼女は自身初の選抜曲『君と出会って僕は変わった』を歌いきった。歌もピアノも決して上手くはない。だが、彼女の“気持ち”はしっかりと私たちの心に響いた。演奏後、安堵の涙を見せた彼女に大きな拍手が送られた。

この日だけのスペシャルユニットや、現チームで各2曲、全員でシングル曲などが披露され、本編ラストは『365日の紙飛行機』で締め括った。

アンコールでは、VTRで12月28日(水)に16thシングルの発売が決定したことが発表され、金子支配人から選抜メンバー20人も発表された。

植村梓、川上千尋、内木志、山本彩加の初選抜4人と、久代梨奈、城恵理子の選抜復帰メンバー2人は揃って涙を見せた。

研究生の山本彩加は、昨日の正規メンバー昇格発表に続いて、選抜メンバー入りも果たすという驚異のスピード出世だ。「まだ(NMB48に)入って半年も経ってなくて、実感がなくて、何もわからないんですけど、この中で埋もれないように、全力疾走で頑張りたいと思います!」(彩加)

最後に、山本彩は「NMB48は、ピンチをチャンスに変えられるグループだと思いますし、これからも変えていくと皆さんに誓います。これからもNMB48について来て下さい!」と語った。そしてこう付け加えた。「7周年は土日に出来るように頑張ります!」

7年目を迎え、新チームで更なる飛躍を目指すNMB48から目を離せない。

【取材・文=ポッター平井】

<ポッター平井・プロフィール>
構成作家。MBSラジオ『NMB48のTEPPENラジオ』などを担当。松田聖子さんの“輝き”に魅せられて以来、30年以上アイドルを応援し続ける<アイドル・サポーター>

キーワード

[PR] おすすめ情報