イタリア発!“狂ッカーズ”とは一体、何者!?

彼らの音楽“ギャングスタ・エレクトロ”で酔いしれよう!
  • 彼らの音楽“ギャングスタ・エレクトロ”で酔いしれよう!

あのケミカル・ブラザーズ の『Salmon Dance』にリミキサーとして大抜擢され、その後もU2、エイコン、スヌープ・ドッグ等々のリミックスを手掛けてきたイタリア出身のエレクトロ・デュオ、“狂ッカーズ”ことクルッカーズ。

なぜ彼らが“狂ッカーズ”と呼ばれるのかは、彼らが9/16に日本限定でリリースしたアルバム『PUT YOUR HANDS ON ME』を聴けばすぐに解るだろう。

彼らのサウンドはテクノ、ハウス、HIPHOP、ロックとあらゆるサウンドの影響を受け、エッジの効いた世界最先端サウンド。そのためクルッカーズの音楽は“ギャングスタ・エレクトロ”とも称されるほど、ゴリっとしていてエキサイティングなのだ!

クルッカーズは今夏開催されたFUJI ROCK FESTIVAL'09の2日目にレッド・マーキーのステージで大トリを飾り、日本のファンを虜に。すでに世界中のフェスやクラブで引っ張りだこになっており、若者たちを虜にしている注目すべき男たち。

そんなクルッカーズのアルバム『PUT YOUR HANDS ON ME』の日本限定版には、VERBAL(m-flo/TERIYAKI BOYZ(R))やBIG-O(PHENOMENON)を迎えたスペシャルなコラボ曲なども収録。聴きごたえ充分となっている。7月にリリースされたHMV限定ミニ・アルバムと併せて、ぜひ聴いてほしいところだ。

2010年には全世界でのメジャー・デビューアルバムのリリースが予定されているクルッカーズ。今回のアルバムでいち早く彼らの“ヤバさ”を体感しよう。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報