サークルKサンクスが“常温スイーツ”を強化!

「スイーツの総合ブランド」を目指して“シェリエドルチェα”登場! 「ふんわりバウムクーヘン」(120円)
  • 「スイーツの総合ブランド」を目指して“シェリエドルチェα”登場! 「ふんわりバウムクーヘン」(120円)

サークルKサンクスより、焼菓子、半生菓子シリーズの新ブランド“シェリエドルチェα”が登場する。

サークルKサンクスでは、07年11月より、「ワクワクする品揃えとワンランク上の本物のおいしさ」をコンセプトにオリジナルスイーツブランド「シェリエドルチェ」を展開。同社の調査によると、08年5月のブランド認知度では22.2%だったのが、09年5月には46.3%と2倍に上昇。材料や手作り感あふれる製法にこだわり、高級感あるスイーツがコンビニで手頃な値段で買える点が人気なのだ。

今回は、さらに多くの人に愛される“スイーツの総合ブランド”を目指して、 “シェリエドルチェα”シリーズを新たに誕生。なかでも、“バウムクーヘン”は、食感にとことんこだわり、「ふんわりバウムクーヘン」「しっとりバウムクーヘン」の2種が登場。卵、砂糖、小麦粉の絶妙な組み合わせて“ふんわり”食感を、はちみつや水飴を生地に練り込み、“しっとり”とした食感を実現させたという。

「“シェリエドルチェα”は買い置きもできる常温タイプのスイーツです。『朝食などの軽いお食事』や『お仕事の合間のホッと一息』など、より幅広い生活シーンにマッチします。ぜひ、お試しください」と加工食品部・高橋さんは話す。

販売は10/28(水)から始まり、関東、静岡、中京地区では11/4(水)からスタート。今後も、続々と新商品を展開していくという。ぜひ、高級感ある本格的スイーツを手軽に楽しんでみてはいかが。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報