グルメ

「チキンタツタ」など続々登場“チキン系バーガー”がアツイ!

東京ウォーカー 2009年9月23日 13時47分 配信

すべての写真を見る(6件)
マクドナルド伝説のバーガー「チキンタツタ」が、いよいよ全国の店舗で9/25(金)より“期間限定復活”する。実はこの秋は、ほかにも“チキン系バーガー”の新メニューが続々発売されており、ちょっとしたブームになりそうだ。

まずは9/19(土)から渋谷で先行販売をはじめ、行列ができる圧倒的な人気を見せつけた「チキンタツタ」(320円/首都圏価格)。あの独特のふわふわバンズとなつかしのショウガ醤油の柔らかチキン…。某ネットアンケートの「復活してほしいファーストフードメニューランキング」で堂々の1位を獲得したのも納得の味がついに9/25(金)から全国で限定発売される。

こだわりは、ほかのバーガーとは違う“ふわふわ”のバンズ。チキンタツタならではのこのバンズのおいしさのヒミツは、工場で生地を丁寧に手でこねて結ぶこと。これにより独特の形と引きの強い食感が生まれるのだ。

韓国風の甘辛ソースが絶品なのは、8/27から発売を開始したケンタッキーフライドチキンの「炭火焼きチキンサンド」(360円)。炭火で焼いた厚切りチキンにからんだ韓国風甘辛ソースの刺激的な味はもちろん、レタスや水菜など野菜の歯ごたえも楽しめる逸品だ。こだわりは、醤油をベースにしたソース。唐辛子のガツンとした刺激をプラスし、後引くおいしさに仕上げた。

本場宮崎鶏のジュワッと柔らかい食感が楽しめるのは、モスバーガーの「宮崎県産鶏使用 チキン南蛮バーガー」(350円)。宮崎の郷土料理であるチキン南蛮をモス風にアレンジ。ふっくら揚げたチキンに和風ダシが効いた甘酢ソースがマッチしたバーガーは、10月下旬までの限定なのでお店に急いで。

この秋、大豊作のジューシーな“チキン系バーガー”。個性的なそれぞれのバーガーを食べ比べて、自分だけのナンバーワンを決めてみては。【詳細は東京ウォーカー9/15発売号に掲載】

おすすめ情報