3D映画強し!『くもりときどきミートボール』が北米1位で発進

ファンタジーな3D映画『くもりときどきミートボール』
  • ファンタジーな3D映画『くもりときどきミートボール』

空から食べ物が降ってくるという奇想天外な設定のアニメ作品『くもりときどきミートボール』が3119館で北米公開(9月18日、日本公開は19日)となり、3010万ドルの興行収入をあげ、初登場1位を獲得した(9月18日〜20日)。

3D映画の公開が相次ぐ中、3000万ドル(約27億円)を上回る好スタートとなった。3119館のうち、1828館が3Dスクリーン、127スクリーンがIMAX3Dの上映で、興行成績全体の76%が3Dと、3D作品を上映する映画館への入りの良さを示す結果となった。

また本作は、日本では全国129劇場で3Dのみの公開で、9月19日〜23日の週末5日間で、興行収入1億1800万円とこちらも好調なスタートを切っている。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報