胸開きドレスを着たクロエ・モレッツ、レトロファッションが大不評!

クロエ・グレース・モレッツ(19)の、体型と雰囲気にミスマッチなファッションが話題になっている。

クロエは以前も、プレミアでのドレスが似合っていないと不評だった
  • クロエは以前も、プレミアでのドレスが似合っていないと不評だった

ビバリーヒルズで行われた「TrevorLive Fundraiser」のイベントに出席したクロエは、ワイルドなヘアスタイルに、レトロなロベルト・カバリの上下スーツでレッドカーペットを歩いた。

胸元が大きく開いたジャケットの下にはなにも着ておらず、大人の色気を見せたクロエの写真がデイリー・メール紙に掲載されているが、ネットユーザーたちを捉えたのは、クロエのキャラクターとスーツのミスマッチ度だったようだ。

【写真を見る】胸元が大胆に開いたスーツで登場したクロエ・グレース・モレッツ
  • 【写真を見る】胸元が大胆に開いたスーツで登場したクロエ・グレース・モレッツ

以前にも不似合いなファッションを指摘され、クロエのスタイリストを務めている兄たちが非難を浴びたが、「カーテンかと思った」「レトロなスーツは、19歳のクロエにはまったく合っていない」「体格が強調されて、スポーツ選手かと思った」「ただただ奇妙」「クロエの体格が滑稽に見えるファッション」「すごい年寄りに見える」と大不評で、「あんなにかわいかったのに。クロエ、お願いだからスタイリストを雇って」と懇願する声もあがっている。

また顔や骨格が変わったことに対する指摘もあるが、クロエはかつてのインタビューで、「16歳の時、豊胸手術をしたいと思ったわ。アゴを目立たなくしたり、何でもしたかった。でも母親が許してくれなかったわ」と語っていたが、あまりの激変ぶりに、「やっぱりいじっていると思う」という意見も寄せられた。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報