バービーにピーターラビット!写真が撮りたくなるカフェって?

都内には、個性あふれるキャラクターカフェが目白押し。買い物ついでに行ける商業施設の期間限定カフェや、フードメニューが充実している常設カフェなど、近頃は大人も楽しめる店が増えている。フォトジェニックなメニューやフォトスポットなど、ファンにとってはうれしいサービスが盛りだくさんだ。

今回は、12月25日(日)までの「Barbie期間限定POP UP SHOP(Barbie Classic Doll Shop & Cafe)」(東京都港区)と、2015年のオープン以来人気が絶えない「ピーターラビット ガーデンカフェ」(東京都目黒区)に潜入。動画ファッションマガジン「C CHANNEL」クリッパー(投稿者)の中島恵美さんが両カフェの魅力を紹介する。

「C CHANNEL」クリッパーの中島恵美さんが話題のキャラクターカフェをレポート!
  • 「C CHANNEL」クリッパーの中島恵美さんが話題のキャラクターカフェをレポート!

キュートなバービーの世界を表現

まずは、東急プラザ表参道原宿に12月25日(日)までの期間限定でオープンした「Barbie期間限定POP UP SHOP(Barbie Classic Doll Shop & Cafe)」へ。ファッショナブルなバービードールは世界中の女の子の憧れ!その世界観を表現した同店は、ポップアップショップにオリジナルメニューが楽しめるカフェを併設。

【写真を見る】店内では巨大なバービーのパネルがお待ちかね!中島さんが手にしているのはベビーピンクのドレスをまとったバービードール「2016 Birthday Wishes」(税抜5000円)
  • 【写真を見る】店内では巨大なバービーのパネルがお待ちかね!中島さんが手にしているのはベビーピンクのドレスをまとったバービードール「2016 Birthday Wishes」(税抜5000円)

ベビーピンクのパネルやシャンデリアをあしらった店内に、「ファンシーかつエレガントでまさにバービーの世界!小さいころはバービーと一緒に遊んでいました。女の子にとって永遠の憧れ。カジュアルだったりドレッシーなものなど、さまざまな装いのドールがあって、大人になっても眺めているだけで楽しいですね」とうっとりする中島さん。

店には過去のコレクタードールも展示されており、中島さんも大興奮!「普段なかなかお目にかかれないバービーに会えてうれしい!」。

ポップアップショップに併設するカフェは、自然光が気持ちいい開放的な空間。シャンデリアがあしらわれ、エレガントな雰囲気が漂う
  • ポップアップショップに併設するカフェは、自然光が気持ちいい開放的な空間。シャンデリアがあしらわれ、エレガントな雰囲気が漂う
店内のカウンターにも、9体のコレクタードールが並ぶ
  • 店内のカウンターにも、9体のコレクタードールが並ぶ

まずはポップアップショップへ。ずらっと並んだバービーグッズを前に、「全部ほしくなっちゃう。プレゼントとしてもよろこばれそう!」と中島さんの目がキラリ。ちゃっかり店内中央のフォトスポットで記念撮影も。

2枚がセットになった「ディッシュセット」(2種類・税抜7800円)やボールチェーン付きの「ドレスパスケース」(税抜7800円)など、プレゼントにも喜ばれそうなグッズがそろう
  • 2枚がセットになった「ディッシュセット」(2種類・税抜7800円)やボールチェーン付きの「ドレスパスケース」(税抜7800円)など、プレゼントにも喜ばれそうなグッズがそろう
グッズは約20種類。「シューズやリボンなど、キュートなモチーフがたくさん!必ずビビッとくるものが見つかると思います」(中島さん)
  • グッズは約20種類。「シューズやリボンなど、キュートなモチーフがたくさん!必ずビビッとくるものが見つかると思います」(中島さん)
店内中央に設置されたフォトスポットでは、自由に撮影が可能
  • 店内中央に設置されたフォトスポットでは、自由に撮影が可能

ファンシーなフォトスポットでバービー気分に浸ったところで、カフェメニューをオーダー。「どれにしようか迷いますね」と悩んでチョイスしたのは、「ダブルクリーム・リングシュー“ホリデーエディション”」(860円)と「ピンクファー・チョコチップシェイク」(790円)の2品。

メニューはカウンターでオーダー。悩みに悩んで2品をチョイス!
  • メニューはカウンターでオーダー。悩みに悩んで2品をチョイス!
「ダブルクリーム・リングシュー“ホリデーエディション”」(写真左・860円)とファーをイメージした「ピンクファー・チョコチップシェイク」(同右・790円)
  • 「ダブルクリーム・リングシュー“ホリデーエディション”」(写真左・860円)とファーをイメージした「ピンクファー・チョコチップシェイク」(同右・790円)

カフェのメニューはすべてオリジナルで、バービーの定番カラーやドレスをそれぞれイメージ。シュー生地でクリームをはさんだ2種類の「ダブルクリーム・リングシュー」(各860円)と4種類のドリンクを用意している。メニューを前にスマホで撮影大会がスタート。

「ダブルクリーム・リングシュー“ホリデーエディション”」(860円)は「サクサクのシュー生地にサンドしたラズベリー&ブルーベリー味のクリームが甘酸っぱい!」(中島さん)
  • 「ダブルクリーム・リングシュー“ホリデーエディション”」(860円)は「サクサクのシュー生地にサンドしたラズベリー&ブルーベリー味のクリームが甘酸っぱい!」(中島さん)

「SNSでも人気が出ること間違いなしですね。では、いただきます!シュー生地にクリームをサンドした『ダブルクリーム・リングシュー“ホリデーエディション”』は、香ばしい生地にほどよい甘さのブルーベリー&ラズベリークリームが口溶けます。上にまぶしたチョコクランチの食感がアクセントになっています。『ピンクファー・チョコチップシェイク』は甘くてボリュームもあってこれだけでも満足!」。

「ピンクファー・チョコチップシェイク」(790円)はミルキーなシェイクにわたあめがふわり。「シェイクとわたあめを混ぜるとほんのり甘みがプラスされます」と中島さん
  • 「ピンクファー・チョコチップシェイク」(790円)はミルキーなシェイクにわたあめがふわり。「シェイクとわたあめを混ぜるとほんのり甘みがプラスされます」と中島さん

バービー一色の「Barbie期間限定POP UP SHOP(Barbie Classic Doll Shop & Cafe)」を堪能して、「バービーのお部屋に招待されたみたいでした。かわいいメニューやフォトスポットで、バービー気分を満喫してほしいです」とその世界観に圧倒された様子。

ピーターラビット ガーデンカフェ

続いて向かったのは、世界中で愛されている絵本「ピーターラビットのおはなし」をテーマにした公式カフェ、ピーターラビット ガーデンカフェ。2015年にオープンしてから人気が絶えない同店は、自由が丘の街並みに馴染んだ一軒家風の建物。まるで物語の舞台であるイギリス・湖水地方のような雰囲気が漂うたたずまいだ。

席では店のテーマである絵本「ピーターラビットのおはなし」シリーズが読むことができる
  • 席では店のテーマである絵本「ピーターラビットのおはなし」シリーズが読むことができる

ピーターラビット ガーデンカフェは、物語に登場するイングリッシュガーデンを再現した入口や、アンティーク家具に施されたディスプレイなど、店は「ピーターラビットのおはなし」の世界そのもの。「絵本の中に飛び込んだみたい!」と中島さんのテンションも上がる。

ピーターラビット ガーデンカフェの入口は物語に出てくるイングリッシュガーデンを再現。花々と一緒にピーターラビットが出迎えてくれる
  • ピーターラビット ガーデンカフェの入口は物語に出てくるイングリッシュガーデンを再現。花々と一緒にピーターラビットが出迎えてくれる

到着して早々、まずはグッズを物色。絵本「ピーターラビットのおはなし」シリーズ(税抜700円~)やオリジナルのテーブルウエア「ピーターラビット ガーデンカフェ オリジナルプレート」(税抜1700円~)など、約50種類常備のグッズが並ぶ。

まずは店に入ってすぐのグッズコーナーを物色。「テーブルウエアはインテリアにもよさそう。カレンダーなど普段使いできるグッズが多いのもうれしいですね」(中島さん)
  • まずは店に入ってすぐのグッズコーナーを物色。「テーブルウエアはインテリアにもよさそう。カレンダーなど普段使いできるグッズが多いのもうれしいですね」(中島さん)
挿絵のレプリカが飾られるギャラリースペースも。またトイレの壁紙は作者のビアトリクス・ポターが長らく暮らしたヒルトップの寝室と同じパターンを使用するなど細かなこだわりが
  • 挿絵のレプリカが飾られるギャラリースペースも。またトイレの壁紙は作者のビアトリクス・ポターが長らく暮らしたヒルトップの寝室と同じパターンを使用するなど細かなこだわりが

グッズを堪能した後は、日射しが気持ちいいテラス席へ。店内にはぬいぐるみや挿絵のレプリカが飾られたギャラリースペースもある。「お店の中はクラシックでゆったりした空気感。そして、絵本の挿絵を近くで見られるなんて感激!」。

テーブルクロスは、ピーターラビットのジャケットと同じ色のギンガムチェック。「ゆったりした空気感は、まさにピーターラビットのおはなしそのもの」と中島さん
  • テーブルクロスは、ピーターラビットのジャケットと同じ色のギンガムチェック。「ゆったりした空気感は、まさにピーターラビットのおはなしそのもの」と中島さん

ピーターラビット ガーデンカフェのメニューは、キャラクターや絵本のワンシーンをイメージ。30種類以上あるメニューの中からスタッフおすすめの「ジマイマのオムライス」(税抜1280円)とデザート「ピーターとベンジャミンのまるごとりんごフレンチトースト」(税抜1380円)をオーダー。

「ジマイマのオムライス」(税抜1280円)。とろっとコクのある卵は国産卵のヨード卵・光を採用。中には野菜のスープで炊いたうま味のあるピラフがイン。巣に見立てた麺はパリパリ
  • 「ジマイマのオムライス」(税抜1280円)。とろっとコクのある卵は国産卵のヨード卵・光を採用。中には野菜のスープで炊いたうま味のあるピラフがイン。巣に見立てた麺はパリパリ

同店をプロデュースするRAKERUはオムライスが看板メニューの老舗ということで、中島さんの期待も高まる。テーブルに置かれた絵本を読んでいるうちに、「あひるのジマイマのおはなし」の主人公、卵を抱くのが下手な“ジマイマ”をモチーフにした「ジマイマのオムライス」(税抜1280円)が登場!

「ジマイマのオムライス」(税抜1280円)は上にのった麺をくずして食べると食感もよし。中島さんいわく、「トロトロの卵に野菜たっぷりの中華風スープが絡んで、食べ応えも抜群」
  • 「ジマイマのオムライス」(税抜1280円)は上にのった麺をくずして食べると食感もよし。中島さんいわく、「トロトロの卵に野菜たっぷりの中華風スープが絡んで、食べ応えも抜群」

「パスタで作った鳥の巣がかわいらしい。トロトロのオムライスに、スープがとろっと絡みます。野菜がたっぷりなのもうれしいですね!」とピーターラビットにもおすそわけ。

同席してくれたピーターラビットにもおすそわけ
  • 同席してくれたピーターラビットにもおすそわけ

デザートにはリンゴをまるごと使った「ピーターとベンジャミンのまるごとりんごフレンチトースト」(税抜1380円)。フレンチトーストのパンは卵料理に合わせて開発された自家製の「ラケルパン」で、バゲットや食パンとは違ったふわとろ食感が特徴なのだそう。付け合わせにはホイップ、バニラアイス、メープル風シロップが付いてくる。

「ピーターとベンジャミンのまるごとりんごフレンチトースト」(税抜1380円)。フレンチトーストは自家製「ラケルパン」を採用。年間約235万個出ている人気のパンだ
  • 「ピーターとベンジャミンのまるごとりんごフレンチトースト」(税抜1380円)。フレンチトーストは自家製「ラケルパン」を採用。年間約235万個出ている人気のパンだ

「ころっとしたリンゴのフォルムがかわいいですね!柔らかな焼きリンゴは、あっさりした果肉の甘みが広がります。トロトロのフレンチトーストもほんのりリンゴが香って、とってもおいしい」と中島さん。

「リンゴ本来の味と香りがふわっと広がります。やわらかなフレンチトーストは口溶けよく、冷たいアイスやホィップとも相性抜群。個人的には甘いシロップが好みかな」と中島さん
  • 「リンゴ本来の味と香りがふわっと広がります。やわらかなフレンチトーストは口溶けよく、冷たいアイスやホィップとも相性抜群。個人的には甘いシロップが好みかな」と中島さん
付け合わせにはホイップ、バニラアイス、メープル風シロップが付いてくる
  • 付け合わせにはホイップ、バニラアイス、メープル風シロップが付いてくる

「絵本を読んだりピーターラビットと食事したりと、癒しの時間が過ごせました。料理もとってもおいしかった!また違うメニューを食べに遊びに来たいです」と、ほっこりしたところでレポート終了!

2つのカフェを巡ってみて、「キャラクターの世界観があふれる内装やメニューに、キュンキュンしっぱなしでした!写真を撮ったり物語とリンクしている部分を探してみたりと、楽しみ方もさまざま。常設のカフェは普段使いもできる豊富なメニューもうれしいですね」と中島さん。都内のキャラクターカフェは、手軽に行ける立地も魅力。デートやショッピングの合間に、ふらっと立ち寄ってみてはいかがだろうか。【ウォーカープラス編集部】

■Barbie期間限定POP UP SHOP(Barbie Classic Doll Shop & Cafe)
期間:開催中~2016年12月25日(日)
住所:東京都渋谷区神宮前4-30-3 東急プラザ表参道原宿 3階 「OMOHARA STATION」内
電話:03-3497-0418(施設代表)※11:00~19:00
時間:11:00~21:00
交通:明治神宮前原宿駅 出口5より徒歩1分
(C) 2016 Mattel. All Rights Reserved.

■ピーターラビット ガーデンカフェ
住所:東京都目黒区自由が丘1-25-20自由が丘MYU 1F
電話:03-3725-4118
時間:11:00~22:00
交通:自由が丘駅北口より徒歩5分
(C) FW&Co.,2016

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報