巨匠監督らが絶賛!美少女・蓮佛美沙子の見せる新境地

蓮佛美沙子の新たな表情を、3Dで見ることができる!
  • 蓮佛美沙子の新たな表情を、3Dで見ることができる!

富士急ハイランドの人気アトラクションを映画化し、日本初のデジタル3D長編映画として注目を集める『戦慄迷宮3D』(10月17日公開)。『THE JUON/呪怨』(05)でハリウッド進出を果たした清水崇監督の新作で、柳楽優弥が主演など話題に溢れている作品だが、なかでも実力派若手女優、蓮佛(れんぶつ)美沙子の恐怖心をかきたてる演技は見逃せない。

彼女が本作で演じるのは、10年前にお化け屋敷で行方不明になっていたはずの少女、ユキ。突然幼馴染の仲間たちの前に姿を現し、恐怖の世界へと誘う重要な役柄だ。これまでも清楚な役や不良役などさまざまな顔を見せていたが、清水崇流のホラーに挑戦することでさらなる新境地を開拓している。謎めいた微笑をたたえて佇むさまにはゾクゾクさせられること間違いなし。

オスカー監督・滝田洋二郎の『バッテリー』(06)や大林宣彦監督『転校生 さよならあなた』(07)など、既に巨匠たちの作品にも出演している彼女。その抜群の存在感と表現力の豊かさに各方面から高い評価を受けているが、まだ18歳という若さだ。そんな、どこかあどけなさの残る普段の表情と、恐怖演技で見せる姿のギャップを見比べてみるのもいいかも。新たな蓮佛美沙子の魅力を堪能するにはぜひ劇場で!【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報