槇原敬之、11月に待望のニューアルバム発売!

男性ソロ・アーティスト総売り上げ数歴代1位の槇原敬之
  • 男性ソロ・アーティスト総売り上げ数歴代1位の槇原敬之

昨年11月にリリースされた「悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。」以来、約1年ぶりとなる16枚目のオリジナルアルバムが11/19(水)にリリースされることが決定した。タイトルは「Personal Soundtracks」。日々の生活をまるでサウンドトラックのように彩ってくれるこのニューアルバムには、7月にリリースされた「WE LOVE YOU.」や槇原自身がプロデュースしたスペシャル・ユニット、M&THE RADIODOGSによる「僕の今いる夜は」のセルフカヴァー、さらには映画「KIDS」の主題歌「Firefly〜僕は生きていく」なども収録されているという。

また、本作のリリースから約1か月後には、パシフィコ横浜国立大ホールでクリスマス・コンサート「Noriyuki Makihara Christmas Concert '08〜PLAY for PRAY〜」が開催されることも決定! クリスマス・イヴとクリスマスの2日間にわたり行われるこのコンサートは、10年前に開催されたクリスマス・コンサートを装いも新たに完全復活させた冬限定のスペシャルライブなので、クリスマスは彼の感動的な歌声で酔いしれたいというファンはぜひ足を運んでほしい!

そしてそして、来年の3月からは約3年ぶりとなる全国ツアーの開催も決定!!

前作「悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。」と最新作「Personal Soundtracks」の2枚のアルバムを引っさげつつ、これまでの大ヒット曲も披露されるであろう壮大なライヴは全国20ヶ所、全32公演で開催される。11月にリリースされるニューアルバムを皮切りに、クリスマス・コンサートと全国ツアーというコンセプトの違うライブが控えている槇原敬之。男性ソロ・アーティスト総売り上げ数歴代1位(オリコン調べ)を誇る彼が奏でる歌声とメッセージを、CDのみならず感動必至の“生”で体感してみてはいかがだろうか。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報