アニストン、バトラーのゲイ疑惑でプロデューサーの彼が本命に!?

友情から恋愛に
  • 友情から恋愛に

ジェラルド・バトラーとの順調交際が伝えられていたジェニファー・アニストンが、バトラーを捨てて選んだのは、映画プロデューサーのでイケメンのスコット・ステューバー。『ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き』(06)や新作『Love Happens』など、アニストンとは長い付き合いでお互いをよく知る間柄でもあることから、今度の恋は、結婚相手にはピッタリではないかとささやかれている。

実はこのふたり、過去にも恋の噂はあったよう。まずは2007年3月、ふたりで仲良くアニストンの元彼ビンス・ボーンの誕生日パーティに出席。その後2008年には、『Love Happen』の撮影所で手をつないでいるふたりの写真がパパラッチされている。当時スコットは、女優のレイチェル・ニコルズ(『G.I.ジョー』(09))と結婚していたが、今年の1月には晴れて離婚が成立。そのときアニストンは、ジョン・メイヤーと復縁という、すれ違い人生を歩んでいた。

そんなアニストンがスコットに走ったのには、大きなわけが。「ブラッドリー・クーパーに振られて、アニストンはかなりショックを受けていましたが、バトラーは大人の付き合いが出来ると思っていたようです。それが、どこからかバトラーにゲイ疑惑が浮上して、彼の華麗で偏った性遍歴を耳にしまったため、彼とは付きあえないと悟ったんです」「スコットとはビジネス・パートナーとしては最高のパートナーでしたが、ついにロマンスが芽生えたようです。友達から生まれたロマンスは、本物でしょう」と関係者がナショナル・エンクワイラー誌に語っている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報