憂うつな生理痛に「手羽先と甘栗のオイスターソース煮」【簡単ストックおかず】

手羽先と甘栗のオイスターソース煮
  • 手羽先と甘栗のオイスターソース煮

重くダルイ生理時の痛み。特有の痛みのせいで、生理が近づくたびに憂うつに感じてしまいますよね。痛みを引き起こす原因はさまざまですが、温めると楽になるようなら、寒さの邪気「寒邪(かんじゃ)」が体内に侵入したことが原因。寒邪の影響で体が冷えて血のめぐりが悪くなり、経血がスムーズに排出されずに生理痛が起きているのです。

冷えの改善のためにも、日ごろから体を温める工夫をしましょう。オススメは、温め食材の鶏肉と栗で作る「手羽先と甘栗のオイスターソース煮」。生理前から食べて、寒邪に負けない体づくりを心がけて。2日目からは炒めネギをトッピングした「手羽先ラーメン」、ゆで野菜とあえた「手羽先サラダ」にアレンジしてもおいしくいただけます。

【薬膳ポイント】温め食材が冷えを改善/スタミナ不足を栗が解消/鶏のコラーゲンでハリのある肌に

【保存】あら熱をとって保存容器に。冷蔵庫で3〜4日

【材料】手羽先:12本 ショウガ:親指大 むき甘栗:100g 水:1と1/2カップ 調味料(酒:大さじ1 はちみつ:小さじ2 オイスターソース:大さじ2 しょうゆ:大さじ1)

【作り方】

1 手羽先は先端部分を切り落としてから骨にそって切りこみを入れ、熱湯でさっとゆで水けをふき取る。ショウガはスライスする。

2 鍋に手羽先、ショウガ、水、調味料を入れて中火にし、ひと煮立ちしたら火を弱めて15分煮込む。

3 アクが出たらきれいに取り、さらにむき甘栗を加えて5分ほど煮込む。

【早乙女孝子×シュシュ 9/24発売号 連載「簡単ストックおかず」第13回より転載】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報