レアルが鹿島との大熱戦を制してクラブ世界一!C・ロナウドがハットトリック

サッカーのFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016の決勝が、12月18日(日)に神奈川県の横浜国際総合競技場で行われた。

ヨーロッパ王者のスペインのレアル・マドリードと、開催国代表の日本の鹿島アントラーズが激突。4-2でレアル・マドリードが競り勝った。

競り合うC・ロナウドと小笠原満男
  • 競り合うC・ロナウドと小笠原満男

クラブ世界一をかけた一戦は、9分にカリム・ベンゼマのゴールで、レアル・マドリードが先制。1点差のまま前半終了間際を迎えると、44分に柴崎岳の得点で鹿島アントラーズが追いついた。

同点で後半に入ると、52分に柴崎がミドルシュートで再びゴールを奪い、鹿島アントラーズが逆転した。しかし、レアル・マドリードも58分にPKを獲得。クリスティアーノ・ロナウドがキックを成功させた。

シーソーゲームとなった一戦は、同点のまま終盤に突入。互いに勝ち越し点を奪えず、2-2のまま90分を終えた。

延長戦に入ると、延長前半8分にC・ロナウドが勝ち越し点を奪取。延長前半14分に再びC・ロナウドがハットトリックとなるゴールを挙げ、レアル・マドリードが突き放した。

大熱戦となった試合は、レアル・マドリードが2点差のまま逃げ切りに成功。6万8742人の大観衆で埋まったスタジアムで、2年ぶり2度目のクラブ世界一に輝いた。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報