フランス大手ホテル系列「メルキュールホテル横須賀」が10/1(木)オープン!!

アコーホテルズの専属デザイナーが手がけたオシャレなデザインの客室
  • アコーホテルズの専属デザイナーが手がけたオシャレなデザインの客室

旧ホテルトリニティ横須賀が撤退した汐入駅前の高層施設に10/1(木)、「メルキュールホテル横須賀」がオープン! メルキュールホテルは、世界で4000以上のホテルを展開するフランスの名門ホテルグループ「アコーホテルズ」の主要ブランド。日本では銀座、成田、札幌で開業しており、横須賀は国内4番目となる。

客室はダブル80、ツイン80の計160室。フランス風のモチーフを生かしたモダンなデザインで、壁にアートが飾られるなど、オシャレな雰囲気が漂う。フロントなどに和柄のデザインを用いるなど、日本とフランスのコラボレーションも感じられる。ホテルには大宴会場や8つの会議室もあるので、結婚式や会議・セミナーでの利用もできる。

19階にはレストラン「ビストロ・ブルゴーニュ」があり、地元の食材をたっぷり使ったフレンチなどが味わえる。朝食はバイキング形式で1800円、ランチはメインディッシュにサラダブッフェが付いて1200円〜、ディナーは3800円と5000円の2コース。横須賀の街や軍港、海などの眺めも楽しめる。

オープンに先駆けて行われたオープニングセレモニーで、アコージャパン代表取締役社長・諸井文雄氏が「風光明媚で国際都市の横須賀にオープンできることは光栄」と喜びのコメント。「横須賀は日本の開化の礎となった重要な都市」であるとし“地元文化との融合”をコンセプトの一つとしてあげた。横須賀市長・吉田雄人氏も出席し、お祝いの言葉を贈ると共に、地域経済の活性化への期待も表した。

観光やビジネスで1泊、地元食材たっぷりの料理を食べにレストランへ。注目の新ホテルで思い思いの時間を過ごそう!【横浜ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報