窪塚洋介「刺激もらった」降谷建志と映画で初共演

窪塚洋介とDragon Ashのkjこと降谷建志が、'17年7月公開予定の映画「アリーキャット」で、ダブル主演を務めることが発表された。

街に片隅でひっそり生きるボクシングの元東洋チャンピオン・朝秀晃(通称:マル=窪塚)は、試合による頭のけがで引退に追い込まれ、後遺症に悩みながら警備会社でアルバイトをしていた。唯一心を通わせていた野良猫の失踪をきっかけに、自動車の整備工場で働く梅津郁巳(通称:リリイ=降谷)と出会う。ある日、シングルマザーの女性にボディーガードを頼まれた秀晃は郁巳と共に、女性を守るために東京へ向かうことに。

闇社会に絡んだクライムサスペンスの要素を持ちつつ、人生につまずいた人間の再生も描かれた作品となっている。

映画「アリーキャット」で主演を務める窪塚洋介
  • 映画「アリーキャット」で主演を務める窪塚洋介

窪塚「うそがなかった」

俺にとって久々の主演映画。それが降谷建志君と共演で作り上げることができて、本当に良かったなって思います。撮影に入るまで身構えていたと思うんですが、実際に共演して、一緒に芝居したことで、役者じゃない男から役者としてすごく刺激をもらいました。

俺らは俳優で、ある意味うそをつく仕事をしているけど、確実にマルとリリィが存在していたことにうそがなかった。観客の皆さんにも、そんな“ホント”が届いて、映画のマルとリリィは生きていくんだろうなって思います。

【写真を見る】窪塚洋介とのダブル主演を務めるDragon Ashの降谷建志
  • 【写真を見る】窪塚洋介とのダブル主演を務めるDragon Ashの降谷建志

降谷「気持ちが一つに」

クランクイン前に窪塚君とがっつり飲む機会があったので、お互いのグルーブを合わせつつ、撮影に入れました。

2週間というとても短い撮影期間だったのですが、とにかく濃い日々で、寝る間以外はずっとみんなと一緒だった。それが、窪塚君たちだったから気持ちが一つになれた気がします。

スタッフもタイトなスケジュールの中、皆が愛情を込めてこの映画を作っていて、すげー楽しかったです。

榊英雄監督「二人が素晴らしい」

小さなロードムービーです。街の片隅にひっそりと生きる野良猫と目が合ってから、この映画は始まりました。

すてきな主演二人、窪塚洋介、降谷建志のまなざしに何かを感じ取りながら撮影しました。二人の感性のスパークが素晴らしい。二人の佇まいが素晴らしい。二人の声と手が素晴らしい。とにかく素晴らしい。出会えてよかった。また街の片隅で彼らと出会いたい。そんな気持ちです。

皆様にもお楽しみいただけると幸いです。

映画「アリーキャット」
'17年7月、東京・テアトル新宿ほか全国ロードショー

主演=窪塚洋介、降谷建志
監督=榊英雄
脚本=清水匡
音楽=榊いずみ
製作=「アリーキャット」製作委員会
配給=アークエンタテインメント
【HP】http://alleycat-movie.com/
(C)2017「アリーキャット」製作委員会

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報