悟空のように“重力100倍”で修業したら普通の人間はどうなる!?【ドラゴンボール】

「『ドラゴンボール』で、悟空は何倍もの重力で修業しましたが、実際にやったら、体はどうなりますか。」という読者からのギモンに、WEBマガジン「週刊ジョージア」で空想科学研究所の柳田理科雄が答えた!

重力100倍のイメージ
  • 重力100倍のイメージ

P.N.ひろゆきさん、質問ありがとう!

これはフリーザ編で悟空がやった特訓ですね。

100Gって、どんな世界?

あまりにムチャな悟空の修業だが、こんな特訓をしたら体はどうなってしまうのだろうか。

重力の強さを表す単位は「G」。

地上の重力と同じなら1G、100倍なら100Gだ。

出発前、人工重力装置を開発したブルマの父が、こう警告していた。

「100Gといやあ なんだよ 60キロの体重だったら6000キロになっちまうんだよ! 6tだよ! 死ぬよ ふつうだったら」

そのとおりでしょうなあ。

100Gになったら…その1。

100Gのもとでは、全ての物の重さが100倍になる。

筆者のスマホは、ケース込みで300gだが、これが30kgに!

とても携帯できない。

体重も、ブルマの父が指摘するように100倍になるのだから、立つこともできないだろう。

これに関しては、筋肉を鍛えても、どうにもならない。

人間の大腿(だいたい)骨は、片足で800kgの荷重に耐えるが、体重が6tになったら、その限界強度を超えてしまうのだ。

筋肉をどれだけ鍛えても、骨がもたない。

悟空の場合は……、うーん、なんらかの方法で、骨も少しずつ強くしていったとしか思えないなあ。

100Gの重力下で起きることは、それだけはない。

100Gになったら…その2。

落下の衝撃が100倍になる。

同じ高さから落ちても、100倍の高さから落ちたのと同じダメージを受けるのだ。

例えば、高さ20cmの段差を降りると、高度20mから落ちたのと同じ! 

並の人間だったら、階段を下りただけで死にます。

100Gになったら…その3。

物体を同じ高さから落としたとき、落下の法則から速度は10倍になり、落下にかかる時間は10分の1になる。

これは、何かにつまずいて転ぶ場合も同じだ。

身長170cmの人が地球上で転ぶと、0.42秒後に時速15kmで地面にぶつかる。

100Gのもとでは、0.042秒後に時速150kmで激突!

とっさに手を突くヒマもなく、顔面を超強打!

転んだが最期、やっぱり死にます。

100Gになったら…その4。

血液が体の低いところに集まる。

10Gを超えると、その影響で、脳に血液が不足したり、血液が集まり過ぎたりして、失神するといわれる。

【図解】普通の人間が100倍の重力室に入ると血液が…
  • 【図解】普通の人間が100倍の重力室に入ると血液が…

100Gになると、失神も失神、大失神。

…いや、これもやっぱり死ぬかな。

どれほど強くなった?

というわけで、何がどうあっても死んじゃいそうな気がするけど、それはもちろん普通の人間の場合。

5日間修業した悟空は、ものすごいレベルに達していた。

100Gの重力下、右腕1本だけで逆立ちして、その右腕だけで2mほどジャンプし、足で着地したのだ。

これは地球上なら、右腕だけで200mジャンプできるということだ!

ものすごい!

悟空はどれほど己を鍛えたのか。

ジャンプの直前、右腕を10cm曲げたとすると、そこから200mジャンプしたということは、腕は体重の200m÷10cm=2000倍の力を出したことになる。

普通の人間は、両手で逆立ちするのが精いっぱいだろう。

これは片手で体重の半分を支えられるということだ。

すると、腕力は普通の人間の4000倍に!?

その後、悟空は人工重力装置のスイッチを切って、どれほど強くなったかを確かめた。

野球ボールほどの石を水平にぶんっと投げ、シャッと走って、パシッとキャッチしたのだ!

悟空の表情から推測すると、投げるとき、普通の人間が時速80kmで投げるぐらいの力を入れていたと考えよう。

すると、実際にはその4000倍の力がこもっていたはず。

その場合、速度は63倍となり、時速5050km!

その石をキャッチできたということは、悟空は時速5050km以上で走れるようになったわけだ。

これはマッハ4.1であり、100m走のタイムは0秒071!

いやあ、何がなんだか分からない世界ですね。

あまりにも恐ろしい重力100倍特訓。

何度も言うけど、普通の人なら確実に死ぬので、機会があっても実践しないでください。

(※この記事は「週刊ジョージア」の「空想科学ラボ」から抜粋したものです。全文はオリジナルサイト<https://weekly-g.jp>でご覧いただけます。質問も募集中!)【週刊ジョージア】

「週刊ジョージア」で全文を読む方はココをクリック!(無料/登録不要)








著/柳田理科雄(やなぎた・りかお)●空想科学研究所主任研究員。代表作に「空想科学読本」シリーズ。また、各地での講演、ラジオ・TV番組への出演なども精力的に行っている。

関連書籍/「空想科学読本」(KADOKAWA)●漫画やアニメの世界の出来事を科学的に検証するベストセラーシリーズ。17弾は「絶対にやりたくない無謀な特訓ランキング」「とんでもないお金持ちランキング」など。予想もしなかった爆笑の結論が続々!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報