スマホは便座の5倍汚い!?「スマホ専用トイレットペーパー」が成田空港に登場

世界初の「スマホ専用トイレットペーパー」が、成田空港に登場した。

株式会社NTTドコモは、成田空港の到着導線トイレ7カ所に「スマホ専用トイレットペーパー」を、2016年12月16日(金)から2017年3月15日(水)までの期間限定で設置。訪日外国人に対して、日本のおもてなしの心を表現する取り組みとして実施している。

世界初となる「スマホ専用トイレットペーパー」
  • 世界初となる「スマホ専用トイレットペーパー」

おもてなしの心を感じると、海外から非常に高い評価を受ける日本のトイレ。一方で、スマホの画面は、素手で長時間に渡って触り続けることにより、皮脂や手垢、雑菌が多く付着する。雑菌の量は抗菌処理された便座よりも5倍も汚いというデータも公表されている。

NTTドコモでは、docomo流のおもてなしとして、スマホ専用ペーパーの設置を決定。成田空港内の7カ所のトイレ内にある、計86個の個室に備え付けている。

設置と同時に、「How to use TOILETS in JAPAN. ~日本のトイレの使い方~」という動画も公開。世界中から清潔で“最先端”と言われる日本のトイレの使い方として、和式便座の正しい座り方、拭き方、洗浄シャワー、スマホ専用ペーパーの利用方法も紹介している。

スマホ専用ペーパーには旅行を楽しめるように、docomoが提供するWi-Fiサービスやトラベルガイド、翻訳サービスの案内が印刷。おもてなしは、画面を拭くことでスマホを清潔に保ち、菌の繁殖を予防するだけにとどまらない。

訪日外国人が日本に訪れて最初に落ち着く場所の1つでもある、成田空港到着ロビーのトイレからおもてなしが提供される。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報