中島裕翔&新木優子 大阪で“うるキュン”舞台挨拶 映画「僕らのごはんは明日で待ってる」

1月7日(土)より全国公開される映画「僕らのごはんは明日で待ってる」の関西初の試写会が、12月17日に朝日生命ホールで開催され、主演の中島裕翔(Hey! Say! JUMP)とヒロイン役の新木優子、メガホンをとった市井昌秀監督が登壇した。

映画「僕らのごはんは明日で待ってる」関西初の試写会が、12月17日に開催されヒロイン役の新木優子らが登壇した
  • 映画「僕らのごはんは明日で待ってる」関西初の試写会が、12月17日に開催されヒロイン役の新木優子らが登壇した

本作は、ロングセラーとなっている瀬尾まいこの同名恋愛小説を、「ピンクとグレー」で鮮烈な映画デビューを果たしたHey! Say! JUMPの中島裕翔と、雑誌「nonno」専属モデルにして8代目「ゼクシィ」CMガール等で大注目を浴びる新星・新木優子が共演して映画化したラブストーリー。映画「箱入り息子の恋」の市井昌秀監督がメガホンをとり、高校生から社会人になるまで、正反対の性格の男女が出会ってからしだいに距離を縮めていく愛の行方を描く。

大歓声が巻き起こる中、ゲスト登場。観客の声援に応えるように、中島裕翔が「今日のために、今朝4時から待っていてくださった方がいらっしゃると聞いて大変、嬉しいです。寒いなかを、本当にありがとうございます!ぜひ、映画を観て温まってくださいね」と真摯に挨拶。

ヒロインをつとめた新木優子も、「寒いなか、たくさんの方にお見えいただいてうれしいです!」と続き、市井監督は、「先着順のため、寒いなかをお待ちいただいたということで…、もう僕が“うるキュン”です!」と本作のキーワードを交えながら笑いを誘った。

笑顔でクリスマスのエピソードなどを語った、ヒロイン役の新木優子
  • 笑顔でクリスマスのエピソードなどを語った、ヒロイン役の新木優子

恋愛下手で無口なネガティブ男子の主人公・亮太を演じた中島は、自身とキャラクターを照らし合わせながら、「いつも心のどこかでポジティブに楽しめば大丈夫だって言い聞かせているんですけど、撮影に入る前だと不安要素が勝ってしまいがちですね。今回はラブストーリーに初挑戦したんですけど、新木さんと共演する上でどんな風に演じられるかなとか、お互いの距離感が近づくにつれ成長し見応えも増す作品だからこそ、上手く演じられるのかなと考えたりもしましたね。恋愛については、自信がないほうなので…。小学生の頃なんて、遠回しに“好き”って言うようなタイプでした(笑)」と胸の内と意外な一面を明かす。

一方、底抜けに明るく思ったことを口に出すタイプのヒロイン・小春を演じた新木は、役と似ている点について、「今年のクリスマス・イヴにお休みをいただいたので、友人を誘ってみたら、みんな予定があって断られたんですよね。その時に、“みんな充実していて幸せなイヴを過ごすんだなぁ”と思えた自分が、すごくポジティブだなと(笑)」と、笑顔で打ち明けた。

そんな二人への演出について市井監督は、「二人には等身大でいてほしいと思っていたので、無理なお芝居をせず、裕翔くんと優子ちゃんの中にすでにある“亮太と小春”をそのままで演じていただきました」と、本作の“うるキュン”なラブストーリーは、ありのままの二人から生まれたものだと語られる。

さらに撮影現場では、中島がお笑いコンビ・流れ星のちゅうえいをモノマネして和ませていることが新木に暴露され、思わぬモノマネの無茶ぶりに応える場面も!

会場の熱気が増す中、今度は間もなくクリスマスを迎えるとあって思い出のクリスマスについてトーク。中島は、「Hey! Say! JUMPのメンバーで、毎年クリスマス・プレゼントの交換会をするんですけど、ある年に僕がクジで八乙女光のプレゼントを引き当てたら、ちっちゃい象の置物で(笑)。みんな結構実用的なものだったりするのに…」とエピソードが語らるや否や、客席からは“可愛い!”と声が飛ぶ盛り上がりに。

そんな中島から一足早いクリスマス・プレゼントとして、関西弁で“うるキュン”メッセージが贈られるサプライズな展開に!緊張の様子をみせる中島を見かねてか、市井監督が撮影さながらに「よーい、ハイ!」の合図を出す。すると、中島もスイッチが入ったのか、「めっちゃ好きなんやけど、付き合ってぇやぁ」と関西弁で告白。悲鳴にも似た歓喜の声が、会場に響き渡った。勢いづいたのか、市井監督からテイク2の合図がかけられ、中島は「めっちゃ、好きやねん」と改めてメッセージを贈る特別な時間が繰り広げられた。

最後に、市井監督は「恋愛はうまくならなくても良いと僕は思っていて、恋愛下手だからこそ出会えた亮太と小春の7年間の軌跡を描きました。この映画が、みなさんの明日の生きる糧になれたらうれしいです」とコメント。

新木は、「今日は若い女性の方が多いですね。家族で楽しめる温かい映画なので、是非お父さまやお母さまを誘って、もう一度観ていただけると嬉しいです!」とアピールした。

そして中島が、「恋愛下手な2人の不器用な姿に“うるキュン”して、心が温かくなれる映画なので、ひとりでも多くの方に本作を愛してもらいたいなという気持ちでいっぱいです。ご覧になったみなさんが、周りのひとに“面白かったから、絶対観た方がいい”と言っていただけるとありがたいです!」と想いを伝え、舞台挨拶を締めくくった。

映画「僕らのごはんは明日で待ってる」は、1月7日(土)よりTOHOシネマズ梅田ほか、全国の上映劇場にて公開される。【関西ウォーカー編集部】

■映画「僕らのごはんは明日で待ってる」
監督:市井昌秀
原作:瀬尾まいこ「僕らのごはんは明日で待ってる」(幻冬舎文庫)
キャスト:中島裕翔、新木優子、
美山加恋、岡山天音、片桐はいり、松原智恵子
配給:アスミック・エース
※1月7日(土)よりTOHOシネマズ梅田ほか、全国の上映劇場にて公開
(C)2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会

キーワード

[PR] おすすめ情報