“語彙力”がないまま大人になってしまった人へ―最低限覚えておきたい51語。言葉によって自分の評価を下げるのはもったいない!

『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』(山口謠司/ワニブックス)
  • 『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』(山口謠司/ワニブックス)

 社会人として身につけておきたい51の語彙を紹介した、『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』が2016年12月17日(土)に発売された。

<社会人としてのレベルは「語彙力」で測られる>

 稚拙な表現や、思慮の浅そうな表現をしたり、自分の中にある語彙の量が不足していれば、社会人としてのレベルを低く見積もられてしまう。仕事の力量があるかないかということ以前に、言葉の理解力や使う言葉といった“語彙力”である程度の評価が決まってしまう。

 同書では、社会人としての評価を上げ、キャリア形成でつまずかない、軽く扱われないための「できる人が物事を理解するために押さえている語彙」「知性と教養を感じさせる語彙」を紹介。相対的(そうたいてき)、代替(だいたい)、乖離(かいり)、忖度(そんたく)、拝承(はいしょう)、概ね(おおむね)、的を射る(まとをいる)、尽力(じんりょく)、汎用(はんよう)、コモディティ、機知に富む(きちにとむ)… などの51語が掲載されている。

<知性と教養は話のはしばしに表れる>

 「代替案を考えます」というのを、「だいがえあんを考えます」ともし言ってしまえば、知性を疑われ、仕事相手は不安になってしまう。さらに、仕事相手が話している言葉を理解できなければ、それは空気として伝わり、自分の評価を下げることに繋がってしまう。

 同書では「この人、できる!」と思われる語彙を成り立ちや歴史からおもしろく身につくよう紹介。就職活動をしている学生から、新入社員、ベテラン社員、経営陣にまで役立つ内容となっている。仕事ですぐ使える「最低限知っておけばいい51語」を覚えて、大人の言葉づかいを目指そう。

第1章:「この人できる!」と思われるための語彙力は、誰にでも身に付けられる

第2章:最低限知っておきたい「知性」と「教養」を感じさせる語彙

第3章:「会議」「プレゼン」「交渉」「打ち合わせ」で結果が出る便利な語彙

第4章:よく聞くけど、しっかり意味がわかっている人は少ない語彙

第5章:そもそも間違って覚えている可能性が高い語彙

第6章:心の状態をうまく“表す”“伝える”ための語彙

第7章:社会人としての評価をもっと上げる語彙

終章:こうすれば、語彙力は自然に高まっていく

※掲載内容は変更になる場合があります。

キーワード

[PR] おすすめ情報