堺雅人が笑いながら人を斬る!? 舞台「蛮幽鬼」が上演スタート

壮大なスケールが展開する物語「蛮幽鬼」にふさわしい豪華キャストが集結
  • 壮大なスケールが展開する物語「蛮幽鬼」にふさわしい豪華キャストが集結

劇団☆新感線の舞台「蛮幽鬼(ばんゆうき)」が9月30日より東京・新橋演舞場で上演がスタート。初日公演の前に、出演者の上川隆也、堺雅人、早乙女太一、稲森いずみの囲み会見が行われた。

本作は、架空の古代国家・鳳来(ほうらい)を舞台に、復讐(ふくしゅう)をモチーフに人々が繰り返す過ちの業を描く人間ドラマ。無実の罪により監獄島に幽閉された留学生・伊達土門(上川)が、ぬれぎぬを着せた男に復讐を誓う。

土門に復讐の協力を誓う男・サジを演じる堺は「ニタニタしなら人を斬(き)る役です(笑)。舞台はみんなで作り上げていくものですから、1つの時間を一緒に積んでいきたいですね」と初日の心境を語った。

大王の妃・京兼美古都(きょうがねみこと)を演じる稲森は、2回目の舞台出演となり「緊張し過ぎず、普段のけいこどおりに演じたいです。現実離れしているお話なので、舞台の上で演じていると気持ちがいいんですよね」と楽しんでいるよう。

美古都の護衛・刀衣(とうい)を演じる早乙女は、大衆演劇の女形として早くから注目を集めてきたが「どちらかというと男役の方が好きなんです。すごく気合いが入りますね」と意気込みを披露した。

また、3人と初共演となる上川は「初共演ということを1度も意識せずにけいこできました。けいこが始まった当初から、ぎくしゃくした感じや互いの距離を測るような空気がなかったんです」と4人のフィーリングの良さをうかがわせた。

復讐の連鎖で、殺りくが繰り広げられる本作。上川は「いろんなキャラクターのさまざまな立ち回りを見ることができます。アクションが本当に激しいので、まともに闘っていたら命がいくつあっても足りない(笑)」と苦笑い。重厚なテーマながら、見応えのあるアクションシーンも楽しめそうだ。

舞台「蛮幽鬼(ばんゆうき)」
東京公演
〜10月27日(火) 東京・新橋演舞場
※10月2日(金)、10月8日(木)、10月16日(金)、10月22日(木)は休演

大阪公演
11月9日(月)〜11月26日(木)まで大阪・梅田芸術劇場メインホール
※11月14日(土)、11月20日(金)は休演

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報