実物大ガンダムもノミネート!「グッドデザイン大賞」候補作が発表

グッドデザイン大賞の候補となった「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」
  • グッドデザイン大賞の候補となった「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」

日本産業デザイン振興会は「グッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)」の表彰式を11/6(金)に控え、「2009年度グッドデザイン賞」受賞記者発表会を10/1、都内で開催。全高18mで話題となったお台場の実物大ガンダムなど、大賞候補15件が発表された。

今年52回目を迎えるグッドデザイン賞は、本年度2952件の審査対象に対して身体領域、生活領域、仕事領域、社会領域、ネットワーク領域で審査され、1034件がグッドデザイン賞を受賞。その中から「グッドデザイン賞ベスト15」が大賞候補となった。審査委員長の内藤廣さんは今年度の受賞作品について「“エコロジー”(に取り組むこと)が当たり前になってきた。成熟したエコのデザインを見た気がする」と感想を述べた。

その総評の通り大賞には、ハイブリッド乗用車「プリウス」(トヨタ自動車)、地球温暖化防止に貢献するために開発された人工日除け「フラクタルひよけ」(ロスフィー)などがノミネート。さらに、実物大ガンダムが話題を呼んだ、緑あふれる都市再生を目指す「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」も候補となっている。

11/6(金)の「グッドデザイン大賞表彰式・大賞選出」では「グッドデザイン賞ベスト15」の担当デザイナーによるプレゼンテーションを実施。受賞者と審査委員による投票で大賞1件が選出され、残りの14件が金賞(経済産業大臣賞)確定となる。

ちなみに今回の候補作品を中心に約80点の受賞アイテムを展示する「GOOD DESIGN EXHIBITION2009」が11/8(日)まで東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区)で開催されている。また10/30(金)〜11/3(祝)は東京ミッドタウン・ガレリア3Fに、受賞作の販売コーナー「GOOD DESIGN STORE」を期間限定でオープン。実際に見たい、手に入れたいという人は、ぜひ足を運ぼう。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報