豆量150%!「ワンダ 極」に"超深煎り"ブレンドが登場

アサヒ飲料は、創業80年を超える老舗珈琲店「丸福珈琲店」監修の缶コーヒー「ワンダ 極 超深煎りブレンド」(希望小売価格・税抜115円)を2017年1月10日(火)に発売する。

2017年1月10日(火)に発売予定の「ワンダ 極 超深煎りブレンド」
  • 2017年1月10日(火)に発売予定の「ワンダ 極 超深煎りブレンド」

今回発売される新商品は、コーヒーの強さとコク深さが際立つ味わいの缶コーヒー。ブレンド缶コーヒーに"味の濃さ"を求める傾向が高まっている事に着目し、コーヒーの"強さ"や"質"を求める40~50代の男性の嗜好に合わせた商品となっている。(アサヒ飲料調べ)

通常の150%の量のコーヒー豆を使用し、深煎りを超える超深煎り豆をブレンドすることで、ミルクと甘さの中にもコーヒーの風味が際立つ凝縮した味わいを実現。濃い青色を基調にしたパッケージは、"超深煎り"という焙煎度合の深さと味わいの深さを表現している。

コーヒー好き必見の「ワンダ 極 超深煎りブレンド」。こだわり抜いたその味わいをぜひ試してほしい。【ウォーカープラス編集部/本村友里】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報