写真家・荒木経惟がライカを初めて手にした日のコンタクトシート! 『SWITCH』1月号で当時の写真を一挙公開

『SWITCH』2017年1月号(スイッチパブリッシング)
  • 『SWITCH』2017年1月号(スイッチパブリッシング)

 写真家・荒木経惟の四半世紀に及ぶライカ人生を紐解く、『SWITCH』2017年1月号が2016年12月20日(火)に発売された。

 特集巻頭では、荒木が1991年10月に『SWITCH』の特集で俳優・笠智衆を撮影するために初めてのライカM6を購入し、撮影した288枚に及ぶ写真の貴重なコンタクトシートを初公開で一挙掲載する。

 また、荒木が小津安二郎になり代わって笠智衆の撮影に臨んだ1日のフォトストーリー&ドキュメント「笠智衆 東京物語」を収録。

 他にも、同号の表紙写真を撮影した、ホンマタカシによる荒木のロングインタビューも掲載している。2年前にホンマタカシが責任編集を務めた『SWITCH』の特集「荒木経惟のたのしい写真術」の続きとも呼べる、濃密なインタビューだ。

<その他のコンテンツ>

・荒木経惟によるライカM7新作フォトストーリー「TOKYO WALTZ」

・ロバートフランクとの交流を振り返る

・木村伊兵衛・土門拳・ブレッソン、ライカで撮る肖像写真

・小津映画に所縁の深い俳優 中井貴一との対談&ファッションシューティング

・車窓越しに東京の風景を撮影した「クルマド」シリーズ最新版

 四半世紀に及ぶ荒木のライカ人生がわかる、100ページ超えの永久保存版の一冊。公式オンラインストアから購入すると、限定タブロイド(四つ折り)がプレゼントされる。

※掲載内容は変更になる場合があります。

キーワード

[PR] おすすめ情報