映画

役者魂を燃やした!木村拓哉&杉咲花が明かす三池組の現場

MovieWalker 2016年12月21日 11時46分 配信

すべての写真を見る(4件)
沙村広明の人気コミックを三池崇史監督が映像化するアクション大作『無限の住人』(17年4月29日公開)。今年の1月、京都・太秦で撮影していた木村拓哉と杉咲花に話を聞いた。

主人公・万次を演じる木村、ヒロイン・浅野凜役の杉咲ともに、三池組は今回初めて。2人とも現場に入るまでは、監督について“怖そうな人”という印象を抱いていたという。

木村は「監督の作品から伝わってくるものとして、どこかトゲトゲしくバイオレンスな印象が強くありましたが、ものすごく繊細な方。緊張感あふれる現場でみんながパンクしそうな時、必ずガス抜きできるような言葉のチョイスをされるんです。そこが監督の繊細な部分だと思います」と監督の一面を明かした。

杉咲は、「初めて衣装合わせでご挨拶させていただいた時、監督は、『原作をリスペクトしたい』とキラキラした目でおしゃっていて、撮影がすごく楽しみになりました。現場は毎日がすごいです。もちろん不安もありましたが、現場に立った途端、そんな不安が解消するくらい説得力のある場所で。皆さんに負けたくないと思うし、皆さんの姿を見ているだけで悔しくなるから頑張ろうと思ってやっています」と、撮影中ならではの意気込みを語ってくれた。

木村の演じる万次は、愛する妹を亡くし生きる意味を見失った時に、皮肉にも不死身の肉体を得た伝説の侍。原作の万次は隻眼という設定のため、木村は特殊メイクで片目を塞ぎ、裸足に着流し1枚という姿で現場に立つ。

「特殊メイクで片目を塞いで傷をつけて、白黒の着流しを着て素足に履物、というのが、今回自分が三池組にいられる条件。(片目を塞いでの)殺陣は万次というキャラクターを演じるからこその趣で。通常の視界や距離感と違うので、実際に動いてみて(演じてみた)…という感じです。万次は自分が殺めた相手の武器を自分のものにしている。ものによって戦い方も使い方も違います。その一瞬で万次が選んで使う武器にちゃんと意味を持たせないと、と思ってやってます」

万次が永遠の命を捧げて守ろうとするのが、杉咲花扮する少女・凜。凜は両親を殺され、その復讐として万次を用心棒として雇う。本作でヒロイン抜擢されたことについて、プレッシャーはなかったのだろうか。

「ヒロインだからとか、三池監督の作品だからとかいう不安や緊張はなくて、凜の背負う過去をどうやって自分の中で大事にできるかな、ということが一番不安でした。凜の目的は、殺された両親の復讐がすべて。なので、(凜の復讐に命を懸ける)万次さんを信じることを、初めて出会うシーンから大事にしています」【取材・文=Movie Walker】

無限の住人

2017年4月29日(土) 公開

不死身の用心棒の生きざまを描く、沙村広明による人気コミックを、木村拓哉主演で映画化した異色時代劇。少女の仇討ちを助ける事になった永遠の命を持つ人斬り・...

おすすめ情報