竹内結子が阿部サダヲに“股間キック”!

阿部サダヲ、瑛太、竹内結子ら『なくもんか』出演陣が“お総菜”を手に挨拶
  • 阿部サダヲ、瑛太、竹内結子ら『なくもんか』出演陣が“お総菜”を手に挨拶

阿部サダヲ、瑛太、竹内結子競演のコメディ『なくもんか』(11月14日公開)が完成。キャストと脚本を務めた宮藤官九郎らが顔を揃え、東京・六本木で記者会見を行い、阿部サダヲが竹内結子の衝撃的な“股間キック”のエピソードを暴露した。

水田伸生監督が主演に阿部サダヲをむかえ、クドカン脚本という『舞妓Haaaan!!!』(07)のスタッフが再集結した本作。小さな商店街で、ハムカツが名物の惣菜屋「デリカの山ちゃん」を舞台に展開される、笑いと涙があふれる家族ドラマだ。

阿部は「初競演の日は、僕が激しいプロポーズをするシーンだったんですが、そのとき竹内さんの自然なケリが股間に入って、俳優として気分がノリました(笑)」と体当たりで役柄に挑んだ様子。

一方の竹内は、「ものすごい勢いだったので、なんとか自分の身を守らなければいけないと思ったのかもしれませんね(笑)。宮藤さんの書かれたセリフは、話しているとテンションが上がる。手が出たり、足が出たりするという感覚はとても楽しかったです」とコメント。その激しい求婚シーンは、映画を観てのお楽しみ!

今回、家族という新たなテーマに挑んだ脚本家・宮藤官九郎は、「懐かしいんだけど、それだけじゃない自分にとっても新しいタイプの本。完成した映画は、僕が本を書いた作品じゃないんじゃないかってくらい素晴らしかった」と、新ジャンルの開拓に自信たっぷり。

竹内結子の防衛本能を動かしたパワフルでテンションの高い阿部サダヲの迫真の演技ほか、映画を盛り上げる塚本高史、いしだあゆみ、皆川猿時ら競演者の個性的なキャラクターにも注目だ!【取材・文/鈴木菜保美】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報