トレエン斎藤「来年はスーパースターを目指します」

「年越しクイズサバイバー2016」の収録を終えた斎藤司は、テレビ朝日マスコットの“ゴーちゃん。”とポーズ
  • 「年越しクイズサバイバー2016」の収録を終えた斎藤司は、テレビ朝日マスコットの“ゴーちゃん。”とポーズ

テレビ朝日系で12月31日(土)夜6時より放送される「くりぃむVS林修!年越しクイズサバイバー2016」。総勢117人の解答者が出演し、11時間にも及ぶ収録を終えたトレンディエンジェル・斎藤司が感想を語った。

くりぃむしちゅー率いる芸能人チーム50人と、林修が率いる知識人チーム25人による早押しクイズ対決バラエティー。過去5戦は芸能人チームの4勝と、知識人たちを圧倒中。さらに、大みそかに放送される「年越しクイズサバイバー」に限れば、過去2年連続で芸能人チームが勝利している。

そんな対戦成績の中、今回も知識人チームを率いてハンディ戦に挑む林だが、ルール変更を検討し始めるという異変が発生。それを聞いた有田哲平は「収録の途中で検討するのはやめてください!」とクレームをつける。

当の林は収録を終え、「出し尽くしました。まさに消耗戦。話すことも残っていません…」とコメント。念願の“年越し初勝利”を手に入れられるか注目だ。

芸能人チームの一人として番組に参加した斎藤は、「お祭りモードでテンションが上がりました! 普段の『ミラクル9』(毎週水曜夜7:56ほか)とは違う一体感がありましたし、年越しカウントダウンパーティーのすごさを、この年齢で感じました(笑)」と番組を楽しんだ様子。

また、大忙しの'16年を振り返り「いろんなお仕事をさせてもらって、これ以上ないくらいに充実の1年だったんですけど、やっぱり適度に休みを取らないと…俺も人間だったんだなと痛感した1年でした(笑)」とコメント。

そして「2017年は一つ一つの仕事を大事に、最終目標のスーパースターを目指していきます。僕が言うスーパースターとはジャスティン・ビーバーとかG-DRAGONとか。今全然違うことをやっていますけど(笑)。同期のオリエンタルラジオの活動にも刺激を受けますし、来年は『常識を疑え』という心構えでやっていきいます」とさらなる飛躍を誓った。

「くりぃむVS林修!年越しクイズサバイバー2016」
12月31日(土)夜6:00-1:00
テレビ朝日系で放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報