2017年は酉年!福を“とり”込む大丸東京の「チキ弁」9選

来年の干支は酉。

酉を取り込み、運気も取り込むということで、大丸東京店では「“福”弁当チキ弁フェスタ」を2017年1月4日(水)から1月24日(火)まで開催する。

「ゑびすDaikoku」の「鶏2(とりとり)のっけ膳」(1300円)
  • 「ゑびすDaikoku」の「鶏2(とりとり)のっけ膳」(1300円)

酉はニワトリのことを指し、ニワトリは縁起のいい動物として有名。酉年となる2017年は、酉を食べることで体の中に運気を“とり”込む。

年明けから絶好のスタートが切れるよう、“福”を呼び込んでくれるようなチキンを使った弁当、「チキ弁」9選をラインナップした。

「ゑびすDaikoku」の「鶏2(とりとり)のっけ膳」(1300円)は、2種類の鶏を使った一品。「たまひで からっ鳥」の「鶏めし」(780円)は、鶏肉が一面に乗せられ、インパクト抜群となっている。

「おかず本舗 佃浅」の「葱塩かぼすだれの唐揚げと鶏そぼろ弁当」(1188円)は、唐揚げとそぼろで、鶏を十分に味わえる。「銀座アスター」の「火の鳥弁当」(972円)は、名前の通りに辛みも感じられるはず。

「韓カルビ 大雲」の「韓国鶏どり弁当」(880円)は、韓国風を楽しめる一箱で、「ポール・ボキューズ」の「3種のローストチキンと彩り野菜DON弁当」(1100円)は、彩りのあざやかさも魅力となっている。

「西洋銀座」の「シェフ手作りのオムライス・きのこソース」(918円)と「洋食や 三代目 たいめいけん」の「チキンのプロバンス風オムライス」(1250円)は、オムライスで鶏肉を楽しめる弁当となった。

「両国 鳥幸」の「いわいどり弁当デラックス」(1080円)は、ボリュームある鶏尽くしとなっている。

いずれも味わい抜群の弁当ばかり。おいしく楽しく、福をしっかり“とり”込もう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

■「大丸東京店」
場所:東京都千代田区丸の内1-9-1
時間:10:00~24:00(フロアによって異なる)
休み:1月1日
電話:03-3212-8011

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報