ジャンプ連載作品『ブラッククローバー』がstudioぴえろ制作でTVアニメ化決定!「期待しかない!」との声続出!

『ブラッククローバー』9巻(田畠裕基/集英社)
  • 『ブラッククローバー』9巻(田畠裕基/集英社)

 『週刊少年ジャンプ』(以下、『ジャンプ』)で連載中のファンタジーマンガ『ブラッククローバー』がstudioぴえろ制作でテレビアニメ化されることが発表された。これに対して「待ってブラクロアニメ化!? 激アツじゃん!!」「ついにこの時が来たか……!」「studioぴえろってマジか! 期待しかないわ」と、アニメ化を待ちわびていた読者は大興奮の様子だ。

 『ブラッククローバー』は、魔法が存在する世界に生まれた、まったく魔法が使えない少年・アスタが、魔道士の頂点“魔法帝”を目指す王道ファンタジー。制作を担当するstudioぴえろは『べるぜバブ』や『NARUTO-ナルト- 疾風伝』『BLEACH』など、『ジャンプ』の中でも特に人気の高い漫画や、『ジャンプ』以外でも「おそ松さん」や「東京喰種」などの大ヒットアニメを手がけている。「ついにアニメ化来たと思ったらあのstudioぴえろ……これはヤバい」「NARUTOやBLEACHに並ぶのは感慨深いね」「これからブラクロがジャンプの看板漫画になるかもしれないのか!!」とこれまでのジャンプアニメを見てきたファンからは感動の声がる。

 また「アスタはめっちゃ叫べる声優じゃないと!!」「ノエルちゃんが喋ってくれるのか…!! うわ、候補が絞り切れない!!」とアニメ化の発表と同時にキャストの予想も盛り上がっている。続報を楽しみに待とう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報