LUNA SEA、2DAYS公演で新曲を披露!

LUNA SEAがさいたまスーパーアリーナにて2DAYS公演を行った
  • LUNA SEAがさいたまスーパーアリーナにて2DAYS公演を行った

12月23、24日、LUNA SEAがさいたまスーパーアリーナにて今年を締めくくるライブ「The Holy Night-Beyond the Limit-」を行った。

23日の公演では、スクリーンに映しだされたステンドグラスとたくさんのキャンドルが並ぶ映像を背に、メンバーが登場。

後光がさしたように5人を照らすライトの中、「WITH LOVE」でスタート。黒のロングニットに身を包んだRYUICHIが、1つ1つの言葉を丁寧に歌い上げていき、2曲目の「TONIGHT」ではINORANがセンターでギターリフを披露、観客を盛り上げた。

「久々のLUNA SEA、メンバーみんな喜んでます。本当会いたかったみんな、元気ー? 今日はみんなケガをしない、しなきゃめちゃくちゃやってもいいっていうことじゃない!?」というRYUICHIの言葉に、歓声が上がった。

終幕前では考えられなかったおちゃめなMCに笑い声が上がる場面もあり、メンバーとファンの歴史を感じさせる。そして、6月に発売されたシングル「Limit」の後「DESIRE」「TRUE BLUE」とヒット曲が続き、「IN SILENCE」「gravity」で、会場全体がRYUICHIの声に包まれた。

ドラムソロからベースソロに流れて観客を沸かす真矢とJ。そのまま真矢のドラムが響く「Be Awake」へ。「PRECIOUS…」「IN MY DREAM」と初期の名曲に観客が耳を傾ける中、ファン待望の「ROSIER」のイントロが流れる。

中には激しく頭を振るファンの姿も見られ、熱狂のうちに本編は幕を閉じた。

12月23、24日に行われるライブでは恒例の、観客が「きよしこの夜」を歌うアンコールでメンバーは再びステージへ。LUNA SEAの聖地はライブであり、その“聖地を守る5人の騎士”というイメージで制作されたという新曲の「HOLY KNIGHT」は、幻想的な雪が舞い散る演出の中で披露された。

また、結成25年となる来年5月29日(月)に日本武道館公演を行うことを発表。メンバーにとっても、ファンにとっても思い入れのある日の公演に歓声が上がった。

そして、「Dejavu」が始まると観客のボルテージは最高潮に。ラストの「WISH」まで全力で駆け抜けたライブは、メジャーデビューから25年となる'17年へとつながるものとなった。

◆ザテレビジョンからのお知らせ◆

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報