安くて簡単なのにボリュームたっぷり!!「100円おかず」レシピで食費大幅カット♪

『100円おかずのきほん』(主婦の友社)
  • 『100円おかずのきほん』(主婦の友社)

 食費がぐんと減る節約料理&かさ増しワザを徹底解説。安いのに驚きのボリューム、栄養満点、センスよしの100円おかずが大集合した『100円おかずのきほん』が、2016年12月9日(金)に発売された。

 消費税アップは先延ばしになったものの、配偶者控除のカットなど、まだまだ家計は苦しい状況が続いている…という主婦の方も多いだろう。けれども、苦しいときこそ主婦の力の見せどころ。一番成果を出しやすいのが食費の見直しだ。

 同書では、見た目のボリュームをキープしつつ、1人100~149円に収まる節約おかずをたっぷりと紹介。鶏胸肉、もやし、とうふなど、節約の味方“激安スタメン食材”を使った料理をはじめ、“かさ増しテク”を駆使した、安いのに見た目がいまどきのワザあり優秀おかずが続々登場する。

 ひき肉にたっぷりのもやしをまぜた「ヘルシーつくね」や、ほぐした厚揚げをお肉の代わりにした「肉なしのタコライス」は、安くてお腹にたまるけれどもヘルシーなレシピ。野菜がたっぷり使われているレシピが多いので、バランスよく栄養をとることもできる。

 さらに、高野どうふも万能なおかずの一つ。ちぎってみると肉のような形になり、高野どうふを肉で巻いてボリュームを出すこともできる。また、高価なえびを鶏胸肉にかえて、えびマヨならぬ「鶏マヨ」を作ることもできてしまう。また、ハンバーグやから揚げ、ロールキャベツなど、人気おかず100円バージョンなども必見だ。

 「100円おかずの極意」は、かさ増しワザはもちろんだが、ボリューム満点に見える盛りつけのコツなど、節約にまつわるおトク情報も満載。冷凍テクも掲載されており、食材をムダにせず使うことができる。美味しくてボリュームがあるのに食費はみるみるカットされる100円おかずは、お腹も心も満たしてくれることだろう。

※掲載内容は変更になる場合があります。

キーワード

[PR] おすすめ情報