映画「土竜の唄」SPイベントにファン3000人が大興奮!

12月25日、現在公開中の生田斗真主演の映画、「土竜の唄 香港狂騒曲」のスペシャルイベント「Happy MOGURA X'mas in大阪」が大阪・吹田の万博記念公園内「EXPO CITY」屋外イベントスペース“空の広場”で行われた。

シリーズ第二弾となる今作では、冒頭に主人公・玲二が大阪の空を舞うシーンが描かれるなど、前日の東京での舞台挨拶に引き続き、冒頭シーンの撮影が行われた大阪でも作品をPR。会場には、事前に公式サイトで募集した約500名のファンと一般の観覧客ら合わせて3000人が見守る中、主演の生田斗真と三池崇史監督が、高級外車に乗り、爆音を響かせて登場!ど派手な登場に会場の熱気は一気にヒートアップ。

ミニスカサンタギャルとともに“飴ちゃん”をプレゼントをする三池監督
  • ミニスカサンタギャルとともに“飴ちゃん”をプレゼントをする三池監督

ステージに向かうまでの花道を、サンタクロース姿のギャルを従えながら、大きな白い袋から大阪にちなんだ“飴ちゃん”を配るサプライズプレゼント。クリスマスならではの粋な演出に、会場のあちこちで大絶叫が巻き起こった。

大阪の思い出を語る三池監督
  • 大阪の思い出を語る三池監督

ステージに到着した生田と三池監督は、改めて来場者に挨拶し、「クリスマスにド派手な登場が出来て嬉しい」と、高級外車での登場に笑顔。24日・25日を振り返って“土竜三昧”だったと語り、生田が「クリスマスを大阪で過ごすのは初めてです」と語ると、会場から再び歓声が。また、イベント会場の万博記念公園について三池監督は「昔の彼女と来たことがある!」とちょっぴり大胆なエピソードを披露し、会場を盛り上げた。

最後は集まった来場者とミニスカサンタガールズとでフォトセッションを行い、文字通りクリスマスならではの、“スペシャル”な映画公開記念イベントとなった。

以下、イベント中のキャストのコメント。

■生田斗真コメント

今作はアクションが非常に多くて、毎日筋肉痛で、治る前にまた別の敵と戦う、という日々でした。僕が演じた菊川玲二はとても前向きなキャラクターなので、疲れ知らず・無敵状態ではありました。とにかく“お祭り”のような作品なので、2016年、嫌なことや苦しいことがあった人も多いと思いますので、是非この作品を観て全てを吹き飛ばしてください!そして2017年を景気よくスタートして頂きたいです!

■三池崇史監督コメント

この作品は生田くんと2人で面白がって楽しみながら常識を壊していきました。(大阪について)作中でも通天閣とか道頓堀とか馴染みのある場所は使わせて頂いたのですが、綺麗になりましたよね。昔より。通天閣なんて本当に素敵ですよね。夢を背負って立っているようで。そんな通天閣を、冒頭あんな風に生田斗真と共演させてしまいまして…(笑)生田斗真の全開が見れる作品ですよ!お正月に向けて皆様のお力を借りて盛り上がっていけたらいいなと思います。

映画「土竜の唄 香港狂騒曲」は、TOHOシネマズ梅田他、全国の上映劇場にて公開中。

【関西ウォーカー編集部】

■映画「土竜の唄 香港狂騒曲」
原作:高橋のぼる「土竜の唄」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
監督:三池崇史 脚本:宮藤官九郎
出演:生田斗真 瑛太 本田翼 古田新太 菜々緒 / 上地雄輔 仲 里依紗 / 堤 真一 ほか
配給:東宝

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報