実写版「湾岸ミッドナイト」に登場した“ブラックバード”を発見!

およそ15年にわたり生産され、一時代を築いたポルシェ初のターボチャージャーを搭載した“ポルシェ930ターボ”。その最終モデルとなる1989年式の“ポルシェ930ターボ”が「Tamamura GT 2016」に特別展示された。WEBマガジン「週刊ジョージア」がこのクルマのエピソードや秘話に斬り込む!

実写映画に登場したすごい一台

――Aさん、今回耐久レース車仕様の“フェアレディZ”の他にも特別展示されるクルマがあるようなんですが、知っていますか?

ああ、“ブラックバード号”のことだね?もちろん知っているさ。これがそうだよ。

【写真を見る】“湾岸の黒い怪鳥”の現物車に周囲も騒然!
  • 【写真を見る】“湾岸の黒い怪鳥”の現物車に周囲も騒然!

――これは…いったい何で特別展示車両なんでしょうか?

マンガ「湾岸ミッドナイト」に登場する“湾岸の黒い怪鳥”。“悪魔のZ”の元オーナー・朝倉晶夫の走り屋仲間・島達也が操る漆黒のポルシェの呼び名だね。別名“ブラックバード”“湾岸の帝王”とも呼ばれている。

――まさか、その実車がこれですか?

ああ、そうなんだ。「湾岸ミッドナイト」は実写映画化もされているんだけど、このクルマが実際に登場したんだ。

――では“それをモチーフに製作されたクルマ”ということですね。

ごめん、言い方が悪かったかな。実際に映画で使われたのがこのクルマなんだよ。

――えっ、ほんとですか!現物とはすごすぎる!!

こんな機会はめったにないから、オーナーさんにじっくりと話を聞いてみるといいよ。

――はい、では早速行ってみましょう!

数奇な巡り合わせで手元に!

――すみません、ちょっと話を伺わせていただけませんか?

1989年式の“ポルシェ930ターボ” 2
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 2

ええ、どうぞ。

――ありがとうございます。では、まずはお名前をお願いします。

菅野です。

――それでは菅野さん、このクルマは映画で実際に使用されたということなんですが、どんなきっかけだったんでしょうか?

ええ、なんでも「湾岸ミッドナイト」の実写版映画の撮影の話が持ち上がったとき、現役でいいクルマはないかという話になったみたいで。どうやら実際、湾岸に黒の930ターボが1台走っているらしい、といううわさを聞き付けたスタッフの方から僕のところにオファーがありました。

――そこから“ポルシェ930ターボ”が“ブラックバード”になったわけですね。入手されるまでのいきさつを教えてください?

大学1年のときに、毎週土曜の夜に走り屋たちが最高速チャレンジを行うレース=通称「湾岸最高速ステージ」に友人と行きました。そこで、マンガの方の「湾岸ミッドナイト」のモデルになった、日本一有名と言っても過言ではない“ポルシェ930ターボ”を見たんですね。今となっては伝説となっているんですけど、そのクルマが放つオーラに圧倒されて一目ぼれ。そこで将来、絶対に乗ると心に決めました。

――なるほど、しかし930ターボといえば高級車。大学生がおいそれと買える値段ではないですよね?

はい。なのでそこからは大学の後に寝る間も惜しんでアルバイトをして資金作りに没頭しました。おかげで大学には寝に行っていたようなものでしたが(笑)。

――マンガを地でいくような話ですね。それを4年間、資金はたまったのですか?

たまるにはたまったんですが、とても930ターボが買える金額ではありませんでした。中古という手もありますが、やっぱり新車が欲しいじゃないですか。そこで諦めて“930カレラ”にしようか悩んでいたときに、クルマ業界の知人が声を掛けてくれたんです。話を聞いてみるとディーラーで買うよりかなり安く買えることが分かり、そこでよし、いっちゃえとなりました。

――そうしてこのクルマが届いたと?

足回りも重厚で迫力満点だ!
  • 足回りも重厚で迫力満点だ!
1989年式の“ポルシェ930ターボ” 3-2
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 3-2

いえ、それから半年ほど待って、ドイツからの船便がやっと届いたと思ったら、オーダーミスで別の国に行ってしまったと言うんです。

――えー、それでどうしたんですか?

再度オーダーのやり直しです。ですが実はこれがラッキーだったんです。

――…と言いますと?

当初は88年モデルの予定だったんですが、89年モデルに年式が変わりました。この89年モデルが最終モデルで、かつ唯一5速ミッションを採用した特別仕様車なんです。

――確かにそれは幸運かも!しかし購入を決断されてからかなり時間がたちましたね?

1年以上待ちました。ただ手に入ったと同時にローンもスタートしましたが(笑)。

カスタム費用で家が建つ!?

――それではカスタムについてお伺いします。カスタムにかけた費用はどのくらいでしょうか?

正確にはもう分かりませんが、1500万円ぐらいはかかっているんじゃないでしょうか?実際の購入金額は控えますが、車体はディーラーで買うとコミコミで2000万円ぐらいはしますので…考えるだけで恐ろしい。

――しめて3500万円!?もう家が買える金額ですね。

エンジンのオーバーホールも含めてですけどね。それと合わせてボアアップ(排気量を増加させる手法)もしたので、現在では3300ccから3400ccになっています。

1989年式の“ポルシェ930ターボ” 4-1
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 4-1
1989年式の“ポルシェ930ターボ” 4-2
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 4-2
1989年式の“ポルシェ930ターボ” 4-3
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 4-3

――年式を考えるとオーバーホールは必須ですね。それがいい調子を保っているエンジンの秘訣、というわけですね。それにしても、かなり目を引くリアウイングですね。

1989年式の“ポルシェ930ターボ” 5-1
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 5-1
1989年式の“ポルシェ930ターボ” 5-2
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 5-2

これはワンオフで製作しました。おかげで高速走行時でも抜群の安定感ですよ。

――確かに、これならかなりのダウンフォースが得られそうですね。それと運転席で気になったんですが、現在ステアリングは…どちらに?

1989年式の“ポルシェ930ターボ” 6
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 6

ああ。それはクルマの剛性を上げるため、ロールバーをサイドに取り付けたんですが、そのままだと乗り降りするのに邪魔になってしまったので脱着式にしました。

1989年式の“ポルシェ930ターボ” 7-1
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 7-1
1989年式の“ポルシェ930ターボ” 7-2
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 7-2

――ステアリングを脱着式にしてしまうとは、すごいカスタムですね。ズバリ聞きますが、一番のお気に入りはどこでしょうか?

一番ですか…、難しいですね。でもどうだろう、やっぱり全体のフォルムになるんでしょうか?フロントマスクやリアの張り出し、どこをとっても絵になります。

1989年式の“ポルシェ930ターボ” 8-1
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 8-1
1989年式の“ポルシェ930ターボ” 8-2
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 8-2
1989年式の“ポルシェ930ターボ” 8-3
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 8-3
1989年式の“ポルシェ930ターボ” 8-4
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 8-4
1989年式の“ポルシェ930ターボ” 8-5
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 8-5

――確かに、見事な造形美ですね。

それに新車の状態からここまで乗ってきましたが、ボディーや車内についた傷の一つ一つをとっても、僕とブラックバードの思い出なんです。新車からワンオーナーで27年間乗り続けてきましたから。

1989年式の“ポルシェ930ターボ” 9-1
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 9-1
1989年式の“ポルシェ930ターボ” 9-2
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 9-2

――長年、苦楽を共にした相棒ですもんね。ちなみに、今も夜な夜な湾岸線に繰り出されているんですか?

もうしていません。今は「アイドラーズ」という、アマチュア最大のポルシェレースを中心としたサーキットに参戦しています。と言っても、サーキットデビューはもう18年も前の話で、150戦以上はレース経験を積んでいますけどね。

――なるほど、レースの成績はいかがでしょうか?

おかげさまで、2003年「ポルシェ930 CUP」と2007年「ポルシェ スーパーCUP」でシリーズチャンピオンになりました。それに今年も現在1位をキープしています。次の最終戦を無事に走り終えれば9年ぶりとなるシリーズチャンピオンが見えてきています。

ポルシェレースのイメージ その1
  • ポルシェレースのイメージ その1
ポルシェレースのイメージ その2
  • ポルシェレースのイメージ その2

※11月6日に行われた最終戦を戦い終えて、見事年間チャンピオンに輝いたそうです!おめでとうございます!!(取材・撮影日は10月30日)

――おお、それはスゴい。30年近く前のクルマがシリーズチャンピオンなんて快挙じゃないですか!応援していますので、ぜひ頑張ってください。

ありがとうございます。

1989年式の“ポルシェ930ターボ” 10-1
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 10-1
1989年式の“ポルシェ930ターボ” 10-2
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 10-2
1989年式の“ポルシェ930ターボ” 11-1
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 11-1
1989年式の“ポルシェ930ターボ” 11-2
  • 1989年式の“ポルシェ930ターボ” 11-2

(※この記事は「週刊ジョージア」の「クルマニア画報」から抜粋したものです。完全版は「週刊ジョージア」<https://weekly-g.jp>でご覧いただけます)【週刊ジョージア】

【週刊ジョージア】

WEBマガジン「週刊ジョージア」で完全版をご覧になる方はこちら!(無料/登録不要)

関連記事




協力/Tamamura GT 実行委員会

取材・執筆・文・撮影/藤木大輔

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報