イケメン・ライダー2人がアメリカ横断の旅に出発!

イケメン“仮面ライダー”俳優2人によるロードムービー風ドキュメンタリーが登場
  • イケメン“仮面ライダー”俳優2人によるロードムービー風ドキュメンタリーが登場

晩秋、ユーロスペースにてレイトショー公開される『バカは2回海を渡る』は、「仮面ライダー龍騎」(テレビ朝日系)への出演で人気を博したイケメン俳優・弓削智久と須賀貴匡が、サンフランシスコ〜ラスベガスの4000キロを旅する姿を描いたロードムービー風ドキュメンタリーだ。

広大なアメリカの荒野をさすらう2人の姿は、さながらショーン・ペン監督作『イントゥ・ザ・ワイルド』(08)の世界観そのもの。こちらで主演を務めたエミール・ハーシュもさることながら、本作の主演コンビも荒涼とした大自然に見事にマッチしていて、日米を問わず、イケメンは荒野によく栄えることを実証している。また、同じく“仮面ライダー”俳優であるオダギリジョーも『BIG RIVER』(06)ではアメリカ横断を目指すヒッチハイカーを演じており、アリゾナ砂漠に佇む彼の姿はひたすらかっこ良かった。

そういえば、日本のPVやCM、グラビアなどを見てみると、アメリカの荒野を舞台に撮影されたものがけっこうあったりする。ゴミゴミした日本に暮らす私たちにとって、何もなくだだっ広い荒野というのは、ある意味あこがれの癒しの空間なのかもしれない。本作『バカは2回海を渡る』は、イケメン好きはもちろん、癒しを求める人にもうってつけの映画と言えるだろう。【トライワークス】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報