渡辺謙が「滝藤賢一は破天荒」と告白!?

渡辺謙らが出演する「ダイワファンドラップ プレミアム」の新CMが登場
  • 渡辺謙らが出演する「ダイワファンドラップ プレミアム」の新CMが登場

渡辺謙らが出演する大和証券「ダイワファンドラップ プレミアム」の新CM「『裏切り者がいる』篇 episode4」が、12月29日(木)よりオンエアされることが分かった。

新CMは、前作までと同様のサスペンスコメディーで、舞台は高層ビルの一室。物語は「この中に、裏切り者がいる」という渡辺の衝撃的なせりふからスタートする。

前CMで、渡辺は破天荒な生き方をすると誓った吹越満、滝藤賢一、橋本さとしの鋭い追及から、やっとの思いで逃れたものの、久々の再会を果たしたこの日も再び、同志たちから疑惑のまなざしを向けられる。

冷静な態度と合理的な(?)反論で、一時は疑いを晴らしたかに見えたが、とある発言をきっかけに、またしても窮地に追い込まれてしまう。

表面上は破天荒な男を装いながら、裏では新登場の「ダイワファンドラップ プレミアム」で資産運用を始めている手堅い男とは誰なのか。豪華キャストによる重厚な人間ドラマと軽妙なせりふ回しがさらに進化を遂げ、思いもよらないストーリーが展開されていく。

前回の撮影以来、約1年ぶりに再集結を果たした4人。監督以下、制作チームも旧知のメンバーということで、冒頭からとてもリラックスした空気が流れていた。

せりふ合わせでは、主人公の渡辺を中心に、立ち位置や掛け合いのテンポ、言葉のニュアンス、顔の向き、表情、リアクションなどを細かくチェック。出演者同士はもちろん、周りのスタッフの呼吸もわずかな時間で整うなどチームワークの良さが垣間見えた。

また、渡辺が直前のせりふを微妙にかんでしまったにもかかわらず、何げない素振りを装い、芝居を続行した場面が。それを受けた吹越が「おいおい、せりふを間違えちゃったよ」と役柄そのままの口調でNGを指摘すると、渡辺が「バレたか」と苦笑いを浮かべ、現場は大爆笑に包まれた。

撮影を終えた4人がインタビューに答えた。

――前回から約1年ぶりのCM撮影を終えた感想は?

渡辺:前回は周りが一体どんな手を使ってくるのか、雰囲気はどうなのか、割と探り探りの面白さがあったんですけど、今回はお互いの手の内が少しずつ見えてきて、さらに進化した掛け合いをお見せすることができたので、非常に楽しい撮影になりました。

吹越:大きなカメラを使ったフィルム撮影は久しぶりでした。

渡辺:最近なかなかないですよね。カタカタカタって、フィルムが回る音が聞こえてきて。

吹越:それがまた、ちょっといい感じなんですよね。大人の雰囲気というか。また続篇が撮影できるといいなって思いました。

滝藤:僕は今年イチ、緊張した現場でした。

橋本:前回から体重が10kg減りました。でも、ついこの前撮ったと思ったら、1年ってあっという間ですね。とにかく、ちょっとソリッドな感じの“男C”として、また3人と一緒にこの場所へ戻ってくることができて、とても光栄です。

渡辺:みんな役者としてはベテランの域に入っていて、細かいニュアンスみたいなところでお芝居が楽しめました。いい感じの笑いが込み上げる、魅力的な作品になったんじゃないかなと思います。

――CMでは「破天荒を装いながら、実は資産運用をしている手堅い男」を演じた渡辺さんですが、実際の渡辺さんは破天荒な男、それとも手堅い男、どちらが近いですか?

渡辺:僕自身は手堅い人間だと思いますが、こういう仕事をしていると、石橋をたたいて、結局たたき壊して、飛び越しちゃうみたいなところがあって(笑)。

役を背負うと、結構めちゃくちゃやったりするので、周りから「オイ、こいついったい何するんだ!?」みたいな目で見られるときはありますけどね。もちろん、今回演じた“男K”という役はたたき壊してはいけないんですけど、ただ手堅いだけではなくて、ある種の野望や夢みたいなものを持っているところは、自分とちょっと近い気がしました。

――ちなみに、渡辺さんが4人の中で、一番破天荒だなと思う方は?

渡辺:んー、(滝藤を指さして)この人じゃないですかね。

滝藤:え、僕ですか?

渡辺:違うの?

滝藤:僕も割と手堅い方ですよ。

橋本:そういえば撮影中、胃腸炎におびえて、お腹の周りに使い捨てカイロを貼りまくっていましたからね(笑)。

滝藤:いや、皆さんにご迷惑がかからないようにと。

渡辺:意外と堅実なんだね。でも、僕らの仕事って、破天荒なところがないとつまんないというか。だからみんな、どっかしらそういう部分を持っているんだと思います。

――「ダイワファンドラップ・プレミアム」のCMということで、皆さんにとって、'16年はどんなプレミアムな1年でしたか? また、'17年の抱負をお聞かせください。

渡辺:'16年は、'15年とか'14年に撮影した作品をお披露目する年でした。世の中的にはいろんな作品を楽しんでいただいたのかなということで、ご覧になる皆さんにとって、プレミアムな年だったのかなと思います。

吹越:この1年、あんまり休みもなく、こうして仕事を続けられたということで言えば、やっぱりプレミアムな年でしたね。'17年のことでいうと、実は僕、健康なんですよ。でも、周りによく顔色が悪い、ちょっと痩せすぎじゃないって言われることがあるんですよ。

渡辺:役のイメージだよね。

吹越:そういうこともあるんでしょうけど、見た目で皆さんに心配をかけるところがあるみたいなので、元々健康ですけど、'17年は見た目も健康になるよう頑張ってみようかなと。

橋本:でも、健康的な吹越さんというのも、なんか違う気がしますよね(笑)。

吹越:そうそう、それを見たくないって人もいるんですよね。どうしたらいいんだろう。まぁ、いろいろ使い分けられるように、研究してみようと思います。

滝藤:僕は'16年に40歳になりました。俳優として新しいスタートを切るつもりで、これからもこの世界で生き残れるよう、1つ1つ、ワンシーンワンシーン丁寧に演じて、頑張っていきたいと思います。

渡辺:手堅いコメントだね(笑)。

橋本:僕も50歳になって、気が付けば半世紀生きたことになります。節目でもありますが、逆に自分の原点にして、またイチからスタートを切れればと。'16年は意外と平凡に過ごしてきたので、'17年はプレミアムな年にしたいと思います。

渡辺:'17年は海外の仕事を何本かやろうと思っています。いつもと違う環境で、またエネルギーを出して、精いっぱいやっていきたいと思います。

大和証券「ダイワファンドラップ プレミアム」新CM
「『裏切り者がいる』篇 episode4」
12月29日(木)より全国でオンエア開始

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報