“童顔巨乳”浅川梨奈の「やれよ! 揉めよ!」に騒然

スパガ・浅川梨奈がヤンキー少女を熱演!
  • スパガ・浅川梨奈がヤンキー少女を熱演!

12月24日から公開中の映画「14(じゅうし)の夜」で、明るく天真爛漫(らんまん)ないつものイメージから一転、自身初のヤンキー役に挑んだSUPER☆GiRLS・浅川梨奈。このたび、そんな彼女の本格スクリーンデビュー作である本作のメーキング映像が初解禁された。

主人公タカシ(犬飼直紀)の幼なじみのヤンキー少女・メグミを演じた浅川。既に解禁された予告編にも収められているが、ド派手なヒョウ柄衣装に身を包み、恋人の運転する単車にニケツし街を徘徊(はいかい)…と絵に描いたようなヤンキーっぷりで注目を集めている。

この機会に原付の免許を取ろうとしたが、4度の不合格から諦めた経緯があるという浅川。撮影前に単車に乗って、「それっぽく見えるかな?」とはしゃぐ姿がとてもかわいらしい。

しかし、本番では印象がガラッと変わり、ホンモノの貫禄すら漂う。足立監督による迫力満点の演技指導もすぐに飲み込み、その迫真の演技から主演俳優も固まるばかり。

浅川の「やれよ! 揉めよ!」の裏側が初公開される「14の夜」メーキング映像を見て、まだ映画を見ていない人は、思いをはせよう。

【ストーリー】

主人公・タカシら4人の中学生男子はまだ見ぬ生おっぱいにロマンを抱き、セックスへ妄想を募らせる日々を送っていた。今日の部活は、“AV女優のよくしまる今日子が、地元のレンタルビデオ店にサイン会で来るらしい。そして12時過ぎたらオッパイ吸えるかもしれない…。”といううわさ話で持ちきり。

タカシは「姉が婚約者を連れて来るから」と一度は断るも、食事の席での父親のダメっぷりに嫌気がさし、思わず家を飛び出す。真夜中によくしまる今日子のオッパイを目指し、自転車を走らせるが、その先にはさまざまな困難が待ち受けていた…。

映画「14の夜」
新宿テアトル他全国公開にて公開中

■映画「14の夜」メーキング第2弾YouTube

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報