ぽこた出演!エンタテインメント街づくり研究会:秋田県コラボイベント「地方移住について考えてみた。」動画公開中

12月7日、街の情報誌「ウォーカーシリーズ」を発行するKADOKAWAによる「エンタメを活用した街作り」をテーマにしたイベント、「エンタテインメント街づくり研究会」が開催された。

進行を務めたぽこた
  • 進行を務めたぽこた

今回は秋田県とコラボレーションし、ニコニコ生放送で絶大な人気を誇る歌手・ぽこたが、2015年に“ぽこたが「秋田」に行ってみた”でコンビを組んだ“ざわ姐”とともにイベントの進行を務めた。忠犬ハチ公でおなじみの秋田の顔「秋田犬」も登場し、会場を盛り上げた。

登場
  • 登場
1部の様子
  • 1部の様子

第1部は住むという視点で、秋田の食や絶景などをテーマにした“女子会”形式でのトークイベント。「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」プロデューサー・詩歩さん、イラストレーターの上大岡トメさん、「あきた森の宅配便」の栗山奈津子さんら3人が登壇し、秋田の食と日本酒を楽しんだ。司会のぽこた、ざわ姐とともに、秋田を訪れた際に味わった食べ物の思い出と、秋田の魅力をを語り、盛り上がった。

第1部が終わると、“モフモフタイム”でしばしの休憩。モフモフの秋田犬に癒やされる時間が用意された。秋田県大館市の秋田犬がお出迎えする、地域おこし協力隊「秋田犬ふれあい隊」の様子や、大館のアイドル・プロジェクト「まちあわせハチ公ガールズ」を紹介。

モフモフタイム
  • モフモフタイム

そして、100万回以上再生されて話題となっている、秋田の魅力を伝えたすぎて、アイドルになってしまった秋田犬「MOFU MOFU☆DOGS」の動画が上映された。この“秋田犬アイドル”のダンスにあわせて、ぽこたもダンスを披露し、会場を盛り上げた。

2部の様子
  • 2部の様子

第2部では仕事やスポーツ、秋田の進化をテーマに、出演者が秋田の魅力をそれぞれの視点から語り合った。登壇したのは、ウォーカープラス編集長の浅野祐介と、秋田県大館市の大館商工会議所の塚田悠紘さん、そして、秋田でこだわりの厳選米を産地直送する「トラ男」や、「シェアビレッジ」プロジェクトの運営を手掛ける武田昌大さんだ。ここでは、秋田の進化をテーマに、「トラ男」の米で作ったおにぎりを試食しながら、それぞれの魅力を語り合った。塚田さんは、大館市の枝豆のPRや、“モフモフタイム”でも紹介した「まちあわせハチ公ガールズ」の取り組みなど、自身で手掛けるプロジェクトを語った。

イベントの様子は、現在でもニコニコ動画やYouTubeで視聴が可能だ。ぜひチェックして、秋田の魅力を感じてみよう。【東京ウォーカー/PR】

■エンタテインメント街づくり研究会シンポジウム featuring 秋田県「地方移住について考えてみた。」


◆出演(敬称略)
ぽこた(歌手・歌い手)
詩歩(「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」プロデューサー)
上大岡トメ(イラストレーター)
武田昌大(トラ男プロデューサー、シェアビレッジ村長)
栗山奈津子(あきた森の宅配便)
塚田悠紘(大館市商工会議所)
ざわ姐(秋田県庁職員)
秋田犬のガジュマルくん
ウォーカー総編集長 玉置泰紀
ウォーカープラス編集長 浅野祐介

<ニコニコ動画はこちら>

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報