2017年テレビ界を専門家が予想!(1/3)

アイドル、ドラマ、バラエティー界の専門家が2016年を振り返りながら2017年を大予想!

こうなる!アイドル界「成熟期のライブアイドルからテレビで活躍する人材発掘」

週刊ザテレビジョン2号 発売中
  • 週刊ザテレビジョン2号 発売中

2016年のアイドルシーンでは乃木坂46が初のミリオンを達成。欅坂46も女性アイドルユニットデビュー曲の初週売り上げ記録を更新し「NHK紅白歌合戦」(NHK総合ほか)の出場も決めた。ライブアイドルは一時の勢いは感じなくなったが、成熟期・安定期に入っている印象。その中でも地上波で冠番組を持つ意味は大。

一方、テレビで個別に印象に残ったのは美少女図鑑発、CMからドラマへ進出の岡山のキセキの桜井日奈子やてれび戦士を経てバラエティーで大活躍の岡田圭右の娘の岡田結実。番組的に目が離せないのは、芸人的アイドル・生ハムと焼うどんやゆるめるモ!のメンバーのあのちゃんなどがレギュラーの「ほぼほぼ―」(テレビ東京)、武田玲奈と大久保佳代子らがMCで8人のビキニ姿グラドルが乱舞する「佳代子の部屋―」(フジ)。そしてドラマ(TBSほか)から映画展開の「咲‐Saki‐」(2017年2月3日金公開)。主演の東宝シンデレラ出身の浜辺美波はじめ、私立恵比寿中学の廣田あいか、SUPER☆GiRLSの浅川梨奈など、魅力的なキャストを集めて画期的。こういう人材の発掘、活用がアイドル・テレビ界の活性化につながる。

●アイドル解説・北川昌弘(きたがわ・まさひろ 美女、美少女&ドラマウオッチャー。「月刊少年チャンピオン」美少女通信等で執筆)

こうなる!ドラマ界 (1)「ヒロイン優勢の流れが加速!高橋一生がブレークか!」

2016年の夏・秋は平日夜に放送されるドラマの大半が女優主演だったが、新垣結衣の「逃げるは恥だが―」(TBS系)、石原さとみの「地味にスゴイ!―」(日本テレビ系)の成功で、この流れが加速しそう。1月開始の注目は、吉高由里子の「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)、松たか子と満島ひかりの「カルテット」(TBS系)。彼女たちの持ち前のキュートさに加え、「男性に癒やしを、女性に共感を与えられるか?」が鍵に。

好調が続く朝ドラ出身女優の抜てきも既定路線。土屋太鳳、波瑠、高畑充希、芳根京子ら主演に加え、吉岡里帆、相楽樹、土村芳ら助演もセカンドヒロインとして活躍しそう。大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)の柴咲コウが存在感を示せば女優有利のムードは最高潮へ。「魅力的なヒロインをイケメンたちがサポートする」という図式が増えるだろう。一方、男優は視聴者の目が肥えた影響で「人気より実力」の傾向が強くなり、若手には狭き門となった。その意味で注目はSMAP解散後、初の主演作となる木村拓哉の「A LIFE〜愛しき人〜」(TBS系)と草なぎ剛の「嘘の戦争」(フジ系)。共に強力な出演者とスタッフで期待値は高い。大ブレーク候補は高橋一生。もともと演技力には定評があったが、1月から2作でヒロインを支える役を担うだけに、星野源に続くか。

[HEAD]こうなる!ドラマ界 (2)「恋愛とミステリーに勢い。若手の女性脚本家に注目」(2/3)
「週刊ザテレビジョン 2号」
350円(税込) 好評発売中!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報