立ち呑みと着席型の2スタイル「一風堂スタンド」がオープン

ラーメン専門店「一風堂」やデリスタイルのアメリカンチャイニーズ「PANDA EXPRESS」を中心に、国内133、海外62の飲食店舗の運営を行う「株式会社力の源ホールディングス」は、翌年2月下旬に福岡の天神西通りに2階建ての「一風堂」をオープンする。

翌年2月下旬に福岡・天神西通りに2階建ての「一風堂」をオープン
  • 翌年2月下旬に福岡・天神西通りに2階建ての「一風堂」をオープン

同店は今年7月に店舗設備と内装の老朽化のため閉店していたが、リフレッシュ工事を行い、1階は15時から立ち呑みスタイルに変わる「一風堂スタンド」、2階は着席型の「一風堂」で、用途や気分に応じて2つの異なるスタイルを楽しめる設計。

一風堂ニューヨークのスタッフが現地で見慣れていたウェイティングバーと、日本の角打ちから着想した「一風堂スタンド」は今年7月に東京の浜松町、11月に西五反田にオープンして以来、お酒の銘柄や一品料理に力を入れていた。そしていよいよ一風堂発祥の福岡の地で、酒好きを唸らせる博多住吉酒販が監修する個性豊かな銘酒と、会話も進む一品料理を気軽な価格で提供。

オープン日などの詳細は来年1月中旬に発表予定。休日に寄ったり、仕事帰りの息抜きに寄ったりと豊富なお酒やラーメンを、その日の気分に合わせて味わっては。【ウォーカープラス編集部/原田桃花】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報