仲間由紀恵、主演作品に「監督めちゃくちゃやったな!」(1/2)

日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 楽園」主演の仲間由紀恵
  • 日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 楽園」主演の仲間由紀恵

'17年1月8日(日)から、仲間由紀恵主演の日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 楽園」(毎週日曜夜10:00-11:00WOWOWプライム)がスタート。

本作は宮部みゆき原作のヒューマンミステリーで、宮部の代表作「模倣犯」の9年後の物語。ライターの前畑滋子(仲間)が、「模倣犯事件」のトラウマを抱えながらも新たな難事件に立ち向っていく姿を描く。

今回、主演の仲間にインタビューを行い、本作の見どころや撮影現場でのエピソードを聞いた。

──本作の主演に決まった時の感想をお聞かせください。

WOWOWのオリジナルドラマ作品は、社会派で骨太なものが多いイメージがあったので、今回お話をいただいた時にはうれしくて、撮影を楽しみにしていました。

──この作品の9年前を描いた物語が「模倣犯」として別に存在しているわけですが、「楽園」を作る上で参考にされましたか?

そうですね…。ただ、このドラマはオリジナルの部分も多くあります。もちろん「模倣犯」からの流れはくんでいますが、新たな気持ちで臨んでいたように思います。

私が演じた前畑滋子は、すごく好きな女性像なんです。傷を持ったヒロインといいますか、自分の正義を信じて突き進む女性を演じたいと思っていたので、毎日苦しみながらも楽しく撮影していましたね。

──仲間さん自身の中にも、前畑滋子のような、ふつふつとわく正義感のようなものはありますか?

滋子みたいに、とんでもない窮地に立たされたことはありませんが、たとえ列に並んでいた時におばさんに順番を抜かされても、「どうぞ」って言っちゃいます。「私が我慢すればいいんだ」って(笑)。

──撮影が進むにつれて、仲間さんご自身に変化はありましたか?

全編を通して、苦しかったですね…。滋子の立場は、「イエス」か「ノー」か、はっきりしたものではないんです。表現として「イエス寄り」か「ノー寄り」、それとも中立なのか。そういったさじ加減を、シーンごとに監督と細かく相談していました。滋子の心が揺れると自分の心も揺れて、そうやって一つ一つ探りながら、滋子を作っていきました。

仲間由紀恵と黒木瞳が「ポケモンGO」に熱中!?(2/2)
  • 1
  • 2
日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 楽園」
'17年1月8日(日)スタート(全6話)
毎週日曜 夜10:00-11:00
WOWOWプライムで放送
※第1話は無料放送
【HP】www.wowow.co.jp/dramaw/rakuen/

原作=宮部みゆき「楽園」(文春文庫刊)
監督=権野元
脚本=篠崎絵里子
出演=仲間由紀恵、黒木瞳、夏帆、金子ノブアキ、松田美由紀、石坂浩二、小林薫ほか

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報