期待の美女ゴルファー渡邉彩香、中田英寿を前に大緊張

中田英寿と渡邉彩香選手が一緒にラウンド
  • 中田英寿と渡邉彩香選手が一緒にラウンド

「デサントゴルフ」アンバサダーの元サッカー日本代表・中田英寿が、同じくウエア契約をしている現役プロゴルファー・渡邉彩香選手と沖縄・宮古島で初対面、一緒にラウンドした。

自他ともに認めるサッカー好きで、かねて中田のファンであることを公言していた渡邉選手は「中田さんにお会いするのは初めてでとても緊張しています。元々サッカーが好きで小学生のときには、中田さんをずっと応援していました。中田さんにはゴルフのことはもちろん、これまで世界で活躍されていたときのことなどを聞いてみたいです」と対面前の気持ちを語った。

そして、ゴルフの練習をしている中田の元を、緊張した面持ちの渡邉選手が訪ね、感激の初対面となった。

出会いこそ互いに緊張した様子だったものの、時間がたつにつれ徐々に打ち解け、ゴルフの話だけではなく、互いのこれからの目標などにも話は及んだ。そんな中、中田の提案で一緒にラウンドすることに。

共にラウンドする中で渡邉選手が驚いたのは、中田がドライバーを使わないということ。

飛距離・スイングなどドライバーが自慢の渡邉選手は「私はドライバーが一番得意なだけに、ドライバーを使わないなんて信じられません(笑)」と驚きの表情。

中田は「僕はドライバーを使わずにアイアンだけで正確なショットを意識しています。それが自分のゴルフです」とゴルフでも独自の理論を展開。それでも渡邉選手のドライバーショットには驚いたようで「すごい! こんなに飛ばせたら気持ちいいですね!」と笑顔。ただ「僕はやっぱりドライバーは使いません(笑)! サッカーでもゴールを決めるよりスルーパスの方が好きなように、ドライバーよりアイアンが好きなんです。もっとアイアンショットを追求していきます」と高らかに宣言した。

ラウンドを続けていくうちに、“夢”についてのトークが繰り広げられた。

渡邉選手は「東京オリンピックの代表になって金メダルを取ることが目標です。オリンピックは自分の夢です。メジャーなどのタイトルは自分や周りの人のためのものですが、オリンピックは日本の代表として戦うので、日の丸の重みはメジャーよりも重いと思っています」と将来を見据えた。

一方中田は「僕が海外に行ったのは21歳の時。そしてオリンピックも W杯も経験しました。その時から先の目標を見据えるというよりは、毎週の試合をどうしていくのかということを大事にしてきました。今も当時もですが、『自分の理想にどれだけ近づけるか』ということが自分の目標ですね」と、自身について口にした。

対面を終えた渡邉選手は「最初はとても緊張しましたが、中田さんが気さくに話し掛けてくださり、打ち解けることができました。中田さんがアイアンショットを追求されてので、私はもっとドライバーショットを極めていきたいと思います。

中田さんのお話にもありましたが、今後は、『自分がどうしていきたいのか』ということも考えていきたいと思います」と中田との対面を来シーズンに生かしていくことを誓った。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報