山本裕典主演で「パッチギ!」舞台化!「プレッシャーをぶち破りたい」

舞台「パッチギ!」の制作発表に出席した石黒英雄、井筒和幸監督、山本裕典、三倉佳奈(左から)
  • 舞台「パッチギ!」の制作発表に出席した石黒英雄、井筒和幸監督、山本裕典、三倉佳奈(左から)

映画「パッチギ!」('05年)の舞台化が決定。6日、都内で制作発表が行われ、総合演出の井筒和幸監督、主演の山本裕典をはじめ、石黒英雄、三倉佳奈、山崎育三郎、浅見れいな、ちすん、峯村リエ、小市慢太郎ら出演者が出席した。

本作は、'68年の京都を舞台に、日本人の少年と在日コリアンの少女との間に芽生える切ない恋と熱い友情を描いた青春ストーリー。映画「パッチギ!」は、数々の映画賞を受賞し、話題になった。舞台版では出演陣を一新し、主役の松山康介役には山本、ヒロインのキョンジャを三倉、松山の友人でキョンジャの兄のアンソン役は石黒が演じる。映画「パッチギ!」で監督を務めた井筒監督は、総合演出を担当。脚本は映画同様に羽原大介、舞台演出は茅野イサムが担当し、新たな作品としてよみがえる。

井筒監督は「映画にもあるけんかのシーンをリアリティーあるものにしたい。新たなものを作りたい」と意気込みを。映画「パッチギ!」が大好きだという山本は「何回も見ていた。舞台の出演が決まってうれしかったが、プレッシャーもある。(プレッシャーを)ぶち破って皆さんにいいものを伝えたい」と力強く語った。

石黒は「初舞台なので(けんかのシーンで)骨折だけはしないように頑張ります(笑)」とコメント。すると、井筒監督も「(石黒は)骨折さえしなければ大丈夫! ギプスもあるから(笑)」と話し、会場を沸かせた。また、ヒロインのキョンジャを演じる三倉は「すべてをささげるつもりで、自分なりのキョンジャを演じたい」と作品に込めた思いを語った。

舞台「パッチギ!」
12月4日(金)〜23日(水・祝)
新国立劇場・中劇場にて公演
*12月7日(月)、13(日)は休演

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報