組み合わせは4200通り以上!自分だけのオリジナル鍋を楽しもう

開放的な空間で鍋を囲み、交友を深められる「鍋小屋2017~冬の横浜赤レンガ倉庫でお熱く召し上がれ~」が、横浜赤レンガ倉庫で1月20日(金)から1月29日(日)まで開催される。

自分自身で食材や出汁を選ぶ「自分で作るこだわり鍋」
  • 自分自身で食材や出汁を選ぶ「自分で作るこだわり鍋」

前回の初開催に18万人以上が来場した同イベント。2回目となる今回は、会場内の特設テント“鍋小屋”のなかを、古き良き昭和の香りが漂う、懐かしい世界観に演出する。各店舗がびっしり軒を連ね、赤ちょうちんで賑わう横丁が会場全体に広がる。

メインの鍋は大きく分けて2種類。1つ目は自分自身で食材や出汁を選ぶ「自分で作るこだわり鍋」となる。野菜、メインの具材、出汁、シメの具材をそれぞれ選ぶことで4200通り以上の組み合わせのなかからオリジナルの鍋が作れる。

出汁は数種類のなかから一つ選び、野菜も神奈川県産を含む新鮮な採れたて野菜10種類のなかから6種類を選択できる。メインは、はまぽーく(横浜産豚肉)とかじか(北海道産の魚)、牡蠣(北海道知内産)、鮭・蟹・ホタテ(石狩鍋セット)、ブランド鶏の5種類から好みの食材を一つ選び、シメも数種類から好みをチョイスできる。

2つ目は地域の郷土料理や各店自慢のこだわり鍋を食べられる「個性豊かなえらべる鍋」となる。

秋田県大館市直送の手作りきりたんぽと比内地鶏スープを使用した「大館市直送!名物きりたんぽ鍋」、豆乳・コラーゲン・塩こうじを含んだスープを使用した、湯葉を楽しむ健康的な「湯葉も楽しむ豆乳つみれ鍋」、小西酒造の日本酒醸造過程で生まれた酒粕を使用し、さらに霧島豚、有頭エビやホタテなどの食材も使用した「白雪鍋」など、各地域や各店の味が一堂に会し、食べ比べが楽しめる。

また、館内キャンペーンとして、横浜赤レンガ倉庫内のレストランや物販店舗でも、鍋や煮込み料理にちなんだメニューやアイテムが販売される。

横浜港を見ながら冬の醍醐味である鍋を、家族や友人、恋人など、気の合う仲間とゆっくり味わおう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

■「鍋小屋2017~冬の横浜赤レンガ倉庫でお熱く召し上がれ~」
日程:1月20日(金)~1月29日(日)※雨天決行、荒天時は休業あり
時間:12:00~21:30※飲食の販売終了時間は21:00
場所:神奈川県横浜市中区新港1-1(横浜赤レンガ倉庫イベント広場)
料金:無料(飲食代は別途)
電話:045-227-2002(横浜赤レンガ倉庫2号館インフォメーション)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報