役所広司が妻に愛のメッセージ!香椎由宇はクールに「夫に手紙書かない」

記念に贈られた万年筆を持って記念撮影に応じる香椎さん(左)と役所さん(右)。役所さんは、普段から万年筆が好きなのだとか
  • 記念に贈られた万年筆を持って記念撮影に応じる香椎さん(左)と役所さん(右)。役所さんは、普段から万年筆が好きなのだとか

今年6回目を迎える「万年筆ベストコーディネート賞2009」の表彰式が8日、都内で開催され、俳優の役所広司さんや女優の香椎由宇さんら受賞者5人が出席。受賞者による「大切な人へ贈る"ありがとう"のメッセージ」が読み上げられた。

“最も万年筆が似合う著名人”に贈られる同賞で、WEBの一般投票で選出される「一般選出部門」を受賞した俳優の役所広司さんは、妻への感謝のメッセージを読み上げた。自らを“妻への感謝の気持ちを公の場で発言しない古いタイプ”と前置きしながらも、「勇気を出して…ありがとう。君がいてくれたから今の僕があります」と愛情たっぷり。「みんなの前で読むとは思ってなかった」とテレながらも“大人の男”の雰囲気を漂わせた。

また、子供の頃から万年筆に憧れていたそうで「兄貴たちの部屋に入るとインクのにおいがいいなって。一人前の男、大人の仲間入りした感じ」と幼少期の思い出を振り返り、にこやかな笑顔を見せた。

一方、全国の販売員が“美しいだけではなく知性と芯の強さがある”と選出した「販売員選出部門」を受賞した香椎さんは「いつもアリガトウって思ってるんだよ」とメッセージ。授賞式後、取材に応じた香椎さんは「誰に対してもありがとうを言える人になりたい」と言い、メッセージは夫で俳優のオダギリジョーさんへのものではなく、あくまで「みんなに」と。プライベートでオダギリさんに手紙を書くこともないそうで「(連絡手段は)メールかな」とクールに受け流した。

授賞式には、前年度受賞者が選出する「前年度受賞者賞」を受賞した女子マラソン五輪メダリストの有森裕子さんのほか、エッセイストで画家の玉村豊男さん、スポーツ&音楽ライターの玉木正之さんも出席した。

同賞は国内外16の文具メーカーが万年筆の普及を目指して開催。「前年度受賞者選出部門」は昨年の受賞者である、建築家の安藤忠雄さんら3人の選考により、「一般選出部門」は公式サイトの一般投票で、「販売員選出部門」は全国の筆記具販売員の投票で選出された。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報