匠の技がキラリと光る、ハローキティ×伝統工芸品のコラボ!

九谷焼の伝統図柄“木米風”にキティを溶け込ませ、ファンシーな世界観を表現!
  • 九谷焼の伝統図柄“木米風”にキティを溶け込ませ、ファンシーな世界観を表現!

今年はハローキティが誕生して35周年を迎えるアニバーサリーイヤー。それを記念したイベントやグッズが続々登場する中、今度はキティちゃんと全国各地の伝統工芸品がコラボした商品が登場した。

全国43の工房が参加し、キティちゃんとコラボした工芸品は、実に豪華なラインナップ。高崎だるまや九谷焼、薩摩切子、有田焼、友禅和紙など、各地の歴史ある工芸品にキティちゃんのデザインを融合。日本の伝統工芸品とハローキティというブランドの魅力を世界に発信しようと商品が開発された。

今回のコラボは“社会とアートをつなぐ”をコンセプトとしている季刊誌「NODE」(美研インターナショナル発行)が企画したもの。創刊より全国各地の工芸品を紹介してきた同誌では、より面白みのある紹介方法はないかと模索する中、「ご当地キティ」として全国各地のイメージと密着しているキティちゃんなら、各地域の伝統工芸品とのコラボも相性良くいけるのでは?と考えた。また、ハローキティのデザイン開発を手がけるサンリオも、キティ生誕35周年を迎え、“メイド・イン・ジャパンのキャラクター”としてより世界に印象づけたいと、日本の歴史ある工芸品とのコラボを考えていたという。

見事にお互いの意向が一致し、企画はスタート。全国の工房へのコネクションを持つ「NODE」が、この企画に賛同してもらえる工房への呼び掛けを担当したのだが、北海道から沖縄まで全国まんべんなく参加してくれる工房を見つけるのに苦労したという。

「今回のコラボレーションの“見せ方” には、各工房の職人の感性が輝いています。長い歴史を誇る、それぞれの工芸品にキティをどのように調和させているか、楽しんでいただければと思います」と話すのは企画担当・深野さん。

開発された商品は120点を超えるという。日本の匠の技が光るこだわりの逸品を、ぜひ手にしてみてはいかが。【東京ウォーカー】

●NODEホームページ: http://www.node.ne.jp/
写真/佐久間ナオヒト(木象嵌・夢工房を除く)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報