26歳のGG賞受賞俳優、同席した49歳妻が話題!

現地時間1月8日に、第74回ゴールデングローブ賞(以下GG賞)の授賞式が行われた。助演男優賞は、ベテランのジェフ・ブリッジスではなく、弱冠26歳のアーロン・テイラー=ジョンソンが選ばれたことでサプライズの一つになったが、普段なら地味な存在の助演男優賞受賞者が、別の意味で話題になっている。

『Nocturnal Animals(原題)』に出演し、助演男優賞を受賞したアーロン・テイラー=ジョンソン
  • 『Nocturnal Animals(原題)』に出演し、助演男優賞を受賞したアーロン・テイラー=ジョンソン

イギリス人俳優のアーロンは、『キック・アス』シリーズに出演、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(15)でピエトロ・マキシモフを演じているが、「なんかカッコいい」という以外にそれほど世間に知れわたった俳優ではない。しかし今回助演男優賞を受賞したことで、「この人誰?」とネット検索で素性を知った女性たちの間に衝撃が走ったようだ。

【写真を見る】23歳差!アーロンとサム・テイラー=ジョンソン夫婦
  • 【写真を見る】23歳差!アーロンとサム・テイラー=ジョンソン夫婦

というのもアーロンは、19歳の時に主演した『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』(09)の監督で、23歳年上のサム・テイラー=ウッドと2012年に結婚。すでに2人の娘がいて、またサムと前夫との間にできた男児と女児の継父でもあり、4児の父親なのだ。

壇上のスピーチで、会場の横に座っていた女性を「ワイフ」と呼び、感謝の意を表したことに驚いた人々がネット検索した後、「あれって付き人じゃなかったの?」「お母さんが同伴したのかと思った」「ショックすぎる!」

「ヒュー・ジャックマンとデボラ=リー・ファーネス以来の衝撃だけど、13歳の年の差。こちらは23歳差!」「美しくもないしありえない!」「サムは『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(15)で大成功!キャリアのためだからアーロンがもっと有名になったら終わり」「長くは続かない」といった辛らつな声が飛び交っている。

しかしヒューの例から、「マザコンなのでは?」「ゲイかも」「意外と続くかも」「私たちにはわからない、なにかがあるのよ」「だからこそ、いいお芝居ができているのかも」といった擁護の声も寄せられた。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報