10/25(土)、パワーアップした 「人体の不思議展」が川崎上陸!

頭頸部体幹の前頭断
  • 頭頸部体幹の前頭断

02年から始まった人気展覧会が、内容を強化して川崎に上陸する。

同展覧会は、新技術「プラストミック人体標本」をと使った、実際の人体の標本を展示するもの。病気にかかった臓器や、脳を持って重さを体感できるなど、そのリアルさが受け、全国27会場で560万人以上を動員した。

今回は、人気企画はそのままに、【人体のアート&サイエンス】コーナーを設けて、ダ・ヴィンチが人体を見つめた「絵画論」の初版本、杉田玄白の「解体新書」なども展示する。

チケットは前売券大人1300円、中・高生800円、小学生300円。当日券大人1500円、中・高生1000円、小学生500円。

「プラストミック人体標本」とは
人体の水分、脂肪分をプラスチックなどの合成樹脂に置き換える保存技術。ニオイがひどく、取り扱いも難しい「ホルマリン漬け」に比べ、常温で保存ができ実際に触れる画期的な標本が作れるようになった。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報