早くも名作登場!? さくら学院がカルタを創作するWEB番組開始

倉本美津留校長のもと、生徒たちがカルタを創作。「う」のカルタ担当になったのは有友緒心(ありとも・つぐみ※一番奥)
  • 倉本美津留校長のもと、生徒たちがカルタを創作。「う」のカルタ担当になったのは有友緒心(ありとも・つぐみ※一番奥)

中京テレビが運営するインターネット動画配信サービス「Chuun(チューン)」にて、さくら学院のミニ番組「手のひらのさくら学院」がスタートした。1月13日からは「シーズン1」として、さくら学院の生徒たちがオリジナルの“さくら学院カルタ”を作成する模様を追いかける(全12回予定)。

この企画は、2016年秋に“公開授業”として実施された「さくら学院 カルタの授業」(https://thetv.jp/news/detail/87349/)の好評を受けて始まったもの。さくら学院校長・倉本美津留の指導のもと、生徒たちがくじ引きで50音の文字を引き、その頭文字から始まるカルタを個性豊かに創作していく。

第1回では、麻生真彩が「え」のカルタとして、「鉛筆はシャーペンとちがって太い心(ハート)を持ってるぜ!!」という会心の作(!?)を披露する様子などが放送された。 

なお、Chuunをスマホで視聴するには、専用アプリのダウンロードが必要となる(PCからはブラウザにて視聴可能)。

WEB番組「手のひらのさくら学院」
毎週金曜日夜10:00に最新回が公開
※1月13日(金)から全12回予定、過去放送はアーカイブとして視聴可能(視聴期限あり)
[HP]「Chuun ~チューン~」
http://www.ctv.co.jp/chuun/
※スマホは専用アプリから視聴可能、PCは上記サイト内にて視聴可能

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報