綾瀬はるか、艶やかな着物姿で血だらけエピソードを告白!「足がボコボコ」

綾瀬はるかのほんわかトークに会場も大爆笑!
  • 綾瀬はるかのほんわかトークに会場も大爆笑!

日本史最大の謎“本能寺の変”を舞台にした映画『本能寺ホテル』の初日舞台挨拶が1月14日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫、鈴木雅之監督が登壇。綾瀬が朱色地の華やかな着物姿を披露した。

本作は、不思議なエレベーターに乗って戦国時代に迷い込んだヒロインが、“本能寺の変”前日の織田信長と知り合い、歴史の謎に迫っていく姿を綴る歴史エンタテインメント。ヒロインを演じた綾瀬は真夏の撮影での印象的な出来事として、「アブ、ブヨ」と告白。「一瞬のうちに、足が8か所くらいボコボコになって。かゆくて眠れない日々を過ごしました」と虫刺されに悩まされたと言う。

堤によると「綾瀬さんだけ」と綾瀬だけが虫に好かれてしまったそうで、堤は「ボリボリ血だらけになるまで掻いていた」と暴露。綾瀬は照れ笑いをうかべつつ、「やっと今、ちょっと(跡が)薄くなってきました。寝ているときとかに、掻いていたみたい。人生で一番かゆかった!」と明かしていた。

綾瀬のほんわかとしたエピソードトークに会場からも笑いが起きていたが、大御所俳優の近藤も綾瀬の魅力にメロメロだったとか。「みたらし団子をもらって。ええ子やなと思った」という近藤だが、そのみたらし団子が「カチカチだった」と話す。

出来立てのものが時間を経て固まってしまっていたようだが、綾瀬は「私も食べたらすごく固くて。こんなみたらしがあるのか!と思った。このお店のみたらし団子は、そういうものなのかなって思って」とカチカチの団子を渡した理由について、必死に言い訳。近藤は「そういうところが面白い。素敵な人だと思った」と綾瀬の天然ぶりを讃え、「好きです」と公開告白していた。

メンバーの中から“戦国武将だったら、天下をとりそうな人”を選ぶこととなると、堤と高嶋以外の全員が綾瀬を指名する一幕も。堤が「こんなスットコドッコイ、たまらんですよ!」と訴えると、会場も大爆笑。最後の一言挨拶では、うまく伝えたいことを言えなかったのか、綾瀬が「締まりが悪いようで」と独特のコメントをするなど、終始、綾瀬の思いもよらぬ言動に会場が笑いに包まれていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報